トップ > PCソフト製品 > 飲食店向け発信写録


飲食店向け発信写録

「飲食店向け発信写録」は飲食店の現場の声を取り入れ、飲食店のために開発したCTIシステムです。
有名店でもご利用いただいている信頼の製品です。

製品紹介 動画集

『飲食店向け発信写録』は、ナンバーディスプレイ機能を使ったCTIソフトです。
電話がかかってくると、アダプター経由で電話番号がパソコンに通知されます。その電話番号から『飲食店向け発信写録』に収録された電話帳データを検索し、発信者の情報(電話番号・住所・氏名等)を表示します。
受け付け対応の内容を登録することで、登録済みのお客様から着信した場合は、登録情報を表示し、きめ細かなお客様サポートが可能です。

トップへ

製品紹介

ズバリお客様一人ひとりに合わせた接客をすること! 電話にでる前に相手がわかる

これまでの電話対応は、新規とお得意様との区別がつかず、どのお客様に対しても同じ対応をしていたのではないでしょうか。「飲食店向け 発信写録」は着信と同時に、「新規」か「お得意様」を瞬時に判断し、パソコンの画面にお客様情報を表示。お客様ごとに特別な対応ができます。

新規の場合

全国電話帳データベースからお客様情報を表示

はじめてのお客様でも相手が把握できて安心!

全国電話帳データベース約2,137万件を搭載しているため、着信があると初めてのお客様でも、氏名(会社名)、住所をパソコンの画面に表示します。予約内容を入力し、そのままお客様情報として登録できます。※電話帳データに搭載しているお客様のみ画面に表示します。

登録済みの場合

登録した顧客データからお客様情報を表示

常連客のような対応がお客様は嬉しい!

すでに登録済みのお客様は、その登録情報を画面に表示します。あらためてお客様の情報を聞き出し、台帳等に記入する必要がないため、お客様を待たせることがありません。ご利用履歴などをもとに、そのお客様だけの特別な対応ができます。

お客様情報を細かく管理

電話受付業務、顧客管理業務に必要な項目をすべて網羅。お客様情報を1つの画面で一括管理できます。また、現在お持ちのお客様情報をCSV形式のテキストファイルで簡単に取り込むことも可能です。※電話回線に接続しなくても顧客管理機能は利用できます。

細かな気配りでお客様の心をつかむ
  • 接客に役立つお客様の特徴をメモしておく
  • 本日ご来店のお客様情報を店員同士で共有する
  • クレームを登録し同じ失敗を繰り返さない
  • リピーター増加でスタッフのやる気もアップ

■登録できる項目が豊富

お客様情報…着信日時、着信番号、電話番号1〜3、FAX番号、郵便番号、住所、住所メモ、フリー住所1〜2、顧客区分、ランク、会社名、会社名カナ、部署、役職、名前、名前カナ、生年月日、利用回数、トラブル、名簿メモ1〜2、備考、E-Mail1〜2、家族情報1〜5
予約履歴…受付日時、予約日時、利用内容、前日確認チェック、利用内容、利用目的、人数、上座数、下座数、料理メニュー、料金、会計合計、支払方法、予約名称、幹事、連絡先、予約メモ1〜2、備考、予約担当、接客担当

■ケータリングにも対応

仕出しの管理に便利な、項目を用意した管理画面も搭載しています。また、別売りの地図ソフトと連携すると、目的地の地図を表示、配達時に大変便利です。

お客様の抽出がらくらく

年齢、利用回数、誕生日など、ターゲットとなるお客様を条件抽出し、マーケティングに利用します。抽出したお客様情報(宛名)は、はがきやラベル等に連続印刷できます。また、本日予約確認が必要なお客様も抽出可能です。

必要な情報が瞬時に呼び出せる
  • 20代をターゲットに案内をしたい
  • お得意様に割引券を送付したい
  • 誕生日メニューの案内をしたい
  • 予約確認が必要なお客様を抽出したい

収録データについて

電話帳データベースで使用している漢字文字は、JIS X0208-1990(新JIS)の第一・第二水準文字を使用しています。

トップへ

動作環境

PC動作環境

OS Windows 10/8/7/Vista(管理者権限が必要)
※64bit版は32bit互換モード(WOW64)で動作
デバイス Windows対応のマウス、その他ポインティング・デバイス
CD-ROMドライブ 12倍速以上を推奨(検索時にCD-Rが必要)
メモリ Windows 10/8/7:1GB以上(64bit版は2GB以上)、Windows Vista:1GB以上(Vista Home Basicは512MB以上)
ハードディスク 130MB以上の空き領域(データをファイル出力する場合はその分空き領域が必要)
※電話帳データベースをインストールする場合は、その分空き領域が必要
画面解像度 1024×768以上
表示色 High Color以上
その他 対応機器に応じて、ケーブル接続用のポート(COMポート、 USBポート、LANポート)が必要
Windows 8.1/8では、デスクトップ上で動作します

揃えていただくもの

  • 電話回線とナンバーディスプレイ契約
    各対応機器が動作する電話回線と、ナンバーディスプレイ契約が必要です。
    • ひかり電話(フレッツ光ネクスト)にてご利用の場合、LAN環境内において、パソコンからひかり電話対応機器の設定画面が直接参照できる環境が必要です。
      飲食店向け発信写録の設定にて、ひかり電話対応機器のIPアドレスの入力が必要となります。あらかじめご確認ください。
      詳しくは 接続例・対応機器 … 【光回線で発信写録を使う】 をご覧ください。
    • 次の環境における飲食店向け発信写録の使用は動作保証外となります。
      • 対応機器が動作保証していない回線を利用する場合
      • 対応機器一覧 に含まれていないビジネスフォン、PBXにて使用する場合
  • 対応機器
    電話回線に合った対応機器が必要です。詳しくは 対応機器一覧 をご確認ください。
  • ケーブル
    パソコンと対応機器を接続するために、対応機器に応じたケーブル(RS-232Cケーブル、USBケーブル、LANケーブル)が必要です。対応機器に付属のケーブルをご使用ください。
  • パソコン
    Windows 10/8/7/Vistaが快適に動作するパソコンをご用意ください。対応機器に応じて、ケーブル接続用のポート(COMポート、USBポート、LANポート)が必要です。RS-232Cケーブルによる接続で、パソコンにCOMポートがない場合は、USB-シリアル変換ケーブルを別途ご用意ください。

ご注意ください

RS-232Cケーブルによる接続で、パソコンにCOMポート(シリアルポート)がない場合は、USBシリアル変換ケーブルを別途ご用意ください。弊社で確認済みのUSB-シリアル変換ケーブルは以下となります。

  • ELECOM USB to シリアルケーブル UC-SGT
  • BUFFALO USB-シリアル変換ケーブル BHC-US01/GP
  • アイ・オー・データ USBシリアル変換アダプター USB-RSAQ5、USB-RSAQ3
  • バッファローコクヨサプライ USBシリアル変換ケーブル SRC06USB、SRC06USM

※ご使用の場合はケーブルの対応OSや32bit/64bitでの動作保証をご確認ください。

対応済み地図表示ソフトウエア

※インターネットを利用するタイプの地図ソフトとの連携について

上記対応済み地図ソフトのうち、インターネット回線を利用するタイプをご使用の場合、地図ソフトで使用するインターネット回線は、飲食店向け発信写録を使用する電話回線と同一の機器(ターミナルアダプター等)ではご利用いただけない場合があります(現在、飲食店向け発信写録を使用しながらインターネットに接続し、お使いいただいているお客様は問題ありません)。インターネット回線は、ADSLなどの常時接続回線を利用することをお勧めします。

トップへ

接続例

機器の接続方法はこちらからご確認ください。

接続例を確認する

トップへ

希望小売価格

飲食店向け発信写録

(CD-R 1枚)

希望小売価格 オープン価格

◎出張設置サービス(有料)も承ります。お気軽にご相談ください。

トップへ

Page Top