トップ > ビジネスソリューション > ドクターガード


ドクターガード

監視・管理・警備、全てをこなす理想的な防犯・監視システム

これまでの監視システムは、映像をモニターで確認するだけの単純な機能が多く、防犯対策が十分ではありませんでした。
「Dr. Guard(ドクターガード)」は、標準的な監視機能はもちろん、複数のカメラを一括して管理し遠隔操作・遠隔指示、感応式録画、各種機器と連動して通報・威嚇など、優れた機能を搭載。
多彩な機能を1台のサーバーに集約した頼れる防犯・監視システムです。

トップへ

「Dr. Guard」多機能システム

ドクターガード機能

Dr.Guard基本スペック

  • カメラ入力:4.8.16Cams
  • 音声入力:1〜16チャンネル
  • 記録フレーム数:30〜480fps
  • 圧縮フォーマット:Wavelet/MPEG-4/GeoMpeg-4
  • 保存期間:40GB〜200GB(4カメラの録画時間:21日間〜60日間)

遠隔操作

  1. ネットからリアルタイムの画像と録画データをチェック
    • 遠隔地でも現場の状況を常に把握できます。
  2. 設置カメラを遠隔コントロール
    • ズームや左右上下の首振り機能により、見たい場所をどこでも確認できます。
  3. 音声機能で現場の音声録音と、現場への音声指示が可能
    • 現場にいなくても状況を把握して、音声による適切な指示ができます。
  4. 閲覧カメラやカメラコントロールをパスワードで設定可能
    • 役職などの管理レベルに応じて、管理機能や閲覧カメラを制限できます。
  5. 携帯電話からの映像確認が可能
    • どこにいてもリアルタイムで現場の状況を把握できます。

録画機能

  1. デジタル録画
    • 面倒な「テープ/CD交換」や巻き戻し作業は一切不要です。
    • テープに比べ画像の劣化がほとんどありません。
    • 自動的に古いデータを消去し、新しいデータを録画
    • 月/日/時間を入力すれば、見たい画像を簡単に再生できます。
    • テープやCDなど、録画媒体のコストが不要になります。
    • 過去の映像を再生しながら、リアルタイムに録画・録音できます。
  2. 画面内の動きを感知し、余分な画像は録画しない
    • 人や車の動きを感知したときにだけの録画ができます。
  3. 感応式+部分感応録画で、画面の中の特定エリアのみを録画
    • 画面上部の動きは無視して、下部に動きがあった場合のみ録画ができます。
  4. 録画延長オプションで、必要に応じて延長設定が可能
    • 通常は7日間〜10日間の録画保存ができます。

モニター

  1. リアルタイムに映像をチェック
    • テレビ電話のようにリアルタイムの状況を確認できます。
  2. 過去の画像を再生しながら録画できる
    • 1つのサーバーで録画と再生が同時にできます。
  3. 複数の画像を、1つのモニターで分割して閲覧できる
    • 画像の一括管理ができます。

アクション機能

  1. 映像の変化(動きや光量)を感知し通報する
    • 画面内で動きがあれば直ちに管理者へ通報できます。
  2. 異常発生時にサイレンを鳴らす
    • 異常を感知したら、サイレンによる警戒信号を発信できます。
  3. 異常検出後に他の機器を稼働させる
    • 二次災害を防止します。
トップへ

「Dr. Guard」が選ばれる理由

Dr. Guardの特長

  • 操作がやさしい
  • 遠隔操作、音声指示、複数画像一括管理など多機能
  • 必要な画像・音声だけをデジタル録画
  • モニターがなくても携帯電話でいつでもどこでも確認
  • 防犯だけでなく現場の運営管理を遠隔で実現
  • 回線を引けない場所の監視も無線ケーブルで対応

現在の監視システムに満足していますか。「現場の責任者は年配者が多く、複雑なシステムの導入は難しい。」「テープの買い換えコストや保管場所等、管理に手間がかかる。」「現場にいないとリアルタイムに映像を見ることができない。」
「Dr. Guard」はこのような監視カメラの欠点を解決し開発された高性能監視システムです。お客様の用途に応じてオーダーメイドでサーバーをお作りし、最適なシステムをご提供いたします。

優れたコストパフォーマンス

  • 高額な高性能システムの低価格化に成功
  • 既設のカメラに対応し、新たなカメラの購入は不要
  • 既存のネット回線が利用でき、新規回線の開設は不要

やさしい操作性・抜群の管理機能

分かりやすいアイコンで直感的な操作ができ、カメラの向きの変更や録画・再生が簡単。最大16台のカメラの映像を同時に表示し、複数の現場管理を一箇所で同時に行えます。

トップへ

利用例

建設業の場合

  1. 資材置き場と駐車場を24時間365日無人で遠隔監視
    • 現場の警備員いらずでコスト削減に成功。
    • もしものときもサイレン・警告等で犯人を威嚇。
    • 管理者への通報で、被害を最小限に防ぐ。
  2. 施主様に建設現場をリアルタイムで確認してもらう
    • 施主様からの信頼感アップ。
    • 施主様と画面を見ながら打ち合わせ。そこでの意見を直接音声で指示。
    • 施主様がチェックできる環境があることで、現場作業員の意識も向上。
  3. 現場管理者が本社から建設現場を確認
    • 現場への移動時間・移動コストを削減。
  4. 録画データの活用
    • 過去の画像から、今後の現場における品質・工程・安全の管理を徹底。

製造業の場合

  1. 稼働機器を監視し異常を検出したら、機器の制御、現場管理者への通報あるいは他の機器を稼働
    • 無人現場の万が一に備え、二次被害を防止。
    • 異常事態に対して迅速に行動。
  2. 音声マイクで作業員への指示が音声で可能
    • 管理者が工場へ出向いて作業指示をする時間が短縮され、移動経費を削減することに成功。
  3. 過去の録画データから故障や災害などの発生要因を把握
    • 工場内における品質管理の精度向上。
  4. 危険箇所やクリーンルームの監視
    • 人が立ち寄りにくい場所を監視。無人でも安全・安心を確保。

小売り業の場合

  1. 遠隔地から陳列商品の乱れや商品補充の状況をリアルタイムで確認し音声で指示
    • 常に商品整理・商品補充された売り場作りを実現。
  2. 設置カメラを遠隔地からコントロール
    • 従業員の不正、万引き、いたずらをチェック。
  3. 複数店舗の状況を1つのモニターで確認
    • 各店舗への移動時間と移動経費の削減。
  4. 店長がお休みでも、昨日のお店の様子を確認
    • 月/日/時刻を指定して、音声付きの録画データを簡単再生。昨日の従業員の状況をチェック。
  5. 地域マネージャーが移動中でも店舗を確認
    • 携帯電話でいつでもどこでもお店をチェック。インターネットの環境がない場所にいても、リアルタイムでお店を管理。
トップへ

アジアの犯罪大国 、日本

日本の治安は?

昨今の国内において、住居侵入、窃盗、車上荒らしなど、日常生活における犯罪は依然として多く、後を絶ちません。また、個人情報漏洩などの事件も増加傾向にあり、企業の管理責任が問われています。今こそ現状の犯罪対策や業務運用方法の見直しが必要です。

トップへ

システム構成イメージと概算費用

システム構成イメージ

概算費用

型式 仕様 価格
GVOT-SV4 サーバー(4カメラ用・ミニタワー) 300,000円
GVOT-MT17A モニター(17インチ) 40,000円
VC-C4A コントロールカメラ×2台 240,000円
GVT-C410 焦点固定カメラ×2台 123,000円
その他 ケーブル(30m) 28,000円
  合計 731,000円

※電源及び配線工事、取付工事、調整費が現場ごとに別途必要です。
※上記の金額は参考価格ですので、詳しくは担当営業までお問い合わせください。

トップへ

Page Top