【2021年版】病院が多い都道府県ランキング(診療科別)

最終更新日 2021年8月9日 | 業界・地域分析

都道府県別病院数ランキング

地域医療の担い手である全国の「病院・医院・クリニック」は、目下コロナ対策の決め手であるワクチン接種の一翼を担っています。
「どんな診療科の病院がどの都道府県に多く、立地状況に特徴や変化はあるのか」―。
今回は、当社の企業データベース(電話帳情報)を元に、都道府県別病院数ランキングや人口当たりの病院数ランキング、現在と5年前を比較した診療科ごとの増減状況などを集計しました(※)。


※2021年6月分のデータを元にした集計


データの集計方法について

  • 集計元のデータベースは、当社が全国の企業電話帳(※)を1,140種類の業種(ジャンル)に分類したものです。当記事は「病院・医院・クリニック」に分類された43ジャンルの情報を使用しています。すべての病院を網羅したものではありません。また、実態とは異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 電話帳の掲載1件に対して複数の業種を付加する場合があるため、同一掲載のデータが業種違いで複数存在することがあります。

  • ※法人企業のほか、個人事業者、公企業(官庁、自治体、病院、学校など)が含まれています。


目次



※1 対象:10診療科(内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、精神科・神経科、歯科)

※2 対象:43診療科(医院・診療所、病院・療養所、医療関連サービス、総合病院等、診療科以外の区分を含む)

【都道府県】病院数ランキング

「病院数が多い都道府県」トップ5は、東京都、大阪府、愛知県、福岡県、神奈川県


病院数が多い都道府県ランキングをみると、トップ5は東京都、大阪府、愛知県、福岡県、神奈川県、となっています。必ずしも人口順というわけではありませんが、やはり上位は大きな政令指定都市を抱える人口の多い都府県で占められています。

病院数ランキング

順位 都道府県 病院数
1位 東京都 33,793
2位 大阪府 22,675
3位 愛知県 19,367
4位 福岡県 18,195
5位 神奈川県 16,601
6位 兵庫県 14,725
7位 北海道 14,025
8位 埼玉県 12,578
9位 広島県 11,244
10位 千葉県 10,942
11位 静岡県 9,144
12位 長野県 9,018
13位 京都府 7,953
14位 岡山県 7,509
15位 新潟県 7,274
16位 熊本県 6,797
17位 宮城県 6,589
18位 福島県 6,375
19位 鹿児島県 6,357
20位 岐阜県 6,258
21位 茨城県 5,923
22位 山口県 5,567
23位 長崎県 5,428
24位 三重県 5,423
25位 群馬県 5,337
26位 愛媛県 5,148
27位 石川県 4,662
28位 大分県 4,531
29位 栃木県 4,420
30位 滋賀県 3,964
31位 佐賀県 3,813
32位 青森県 3,619
33位 沖縄県 3,615
34位 岩手県 3,602
35位 宮崎県 3,566
36位 奈良県 3,556
37位 和歌山県 3,551
38位 富山県 3,496
39位 徳島県 3,487
40位 山形県 3,479
41位 香川県 3,376
42位 秋田県 3,351
43位 高知県 3,093
44位 島根県 3,047
45位 福井県 2,703
46位 鳥取県 2,159
47位 山梨県 2,059

【都道府県】人口当たりの病院数ランキング

「人口当たりの病院数が多い都道府県」トップ5は、徳島県、佐賀県、島根県、高知県、長野県


数だけのランキングでは大都市が上位になるのは当然のことなので、「人口当たりの病院数」で都道府県をランキングしてみました。すると、徳島県が1位で佐賀県が2位、次いで島根県、高知県、長野県の順。トップ5の面々もガラリと変わります。人口が少ない県ばかりかというとそうでもなく、人口200万人を超える長野県(5位)や約280万人の広島県(10位)、500万人超の福岡県(18位)など、人口が多くかつ病院数が相対的に充実している県もみられます。

人口当たりの病院数ランキング

順位 都道府県 1万人当たりの病院数 病院数 人口(人)※
1位 徳島県 48.5 3,487 719,704
2位 佐賀県 47.0 3,813 812,013
3位 島根県 45.4 3,047 671,602
4位 高知県 44.7 3,093 692,065
5位 長野県 44.0 9,018 2,049,683
6位 山口県 41.5 5,567 1,342,987
7位 長崎県 41.3 5,428 1,313,103
8位 石川県 41.1 4,662 1,133,294
9位 大分県 40.3 4,531 1,124,597
10位 広島県 40.1 11,244 2,801,388
11位 鹿児島県 40.0 6,357 1,589,206
12位 岡山県 39.7 7,509 1,889,607
13位 熊本県 39.1 6,797 1,739,211
14位 鳥取県 39.0 2,159 553,847
15位 愛媛県 38.5 5,148 1,335,694
16位 和歌山県 38.5 3,551 923,033
17位 香川県 35.5 3,376 951,049
18位 福岡県 35.4 18,195 5,138,891
19位 福井県 35.2 2,703 767,433
20位 秋田県 34.9 3,351 960,113
21位 福島県 34.8 6,375 1,834,198
22位 富山県 33.8 3,496 1,035,612
23位 宮崎県 33.3 3,566 1,070,213
24位 新潟県 33.0 7,274 2,202,358
25位 山形県 32.6 3,479 1,068,696
26位 岐阜県 31.6 6,258 1,979,781
27位 京都府 30.8 7,953 2,579,921
28位 三重県 30.6 5,423 1,771,440
29位 岩手県 29.7 3,602 1,211,206
30位 青森県 29.2 3,619 1,238,730
31位 宮城県 28.6 6,589 2,303,487
32位 滋賀県 28.0 3,964 1,414,248
33位 群馬県 27.5 5,337 1,940,333
34位 兵庫県 26.9 14,725 5,469,184
35位 奈良県 26.8 3,556 1,325,437
36位 北海道 26.8 14,028 5,228,885
37位 愛知県 25.7 19,367 7,546,192
38位 大阪府 25.6 22,675 8,842,523
39位 山梨県 25.4 2,059 810,427
40位 静岡県 25.2 9,144 3,635,220
41位 沖縄県 24.6 3,615 1,468,410
42位 東京都 24.0 33,793 14,064,696
43位 栃木県 22.9 4,420 1,934,016
44位 茨城県 20.6 5,923 2,868,554
45位 神奈川県 18.0 16,601 9,240,411
46位 千葉県 17.4 10,942 6,287,034
47位 埼玉県 17.1 12,578 7,346,836

※国勢調査 令和2年国勢調査 速報集計 人口速報集計(男女別人口及び世帯総数)
(令和2年国勢調査の実施年月は2020年10月)
出典:総務省統計局ホームページ https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/kekka.html

※1万人当たりの病院数は、上記人口速報集計の都道府県総数を元に日本ソフト販売株式会社が算出しました。

【診療科別】人口当たりの病院数が「多い」都道府県ランキング

多い 中国・四国・九州の県が全体の7割弱


10の診療科を抜粋し、それぞれの診療科が多い都道府県を人口当たりの件数(※)でランキングしました。人口当たりの数としてはわずかな差に過ぎないとはいえ、地域の傾向がはっきり表れています。全体的に上位の都道府県の多くは中国・四国・九州の県で占められ、それ以外では石川県、長野県、和歌山県、秋田県などが多く顔を出しています。


※ランキング表の1万人当たりの件数は、「国勢調査 令和2年国勢調査 速報集計 人口速報集計(男女別人口及び世帯総数) 出典:総務省統計局ホームページ」のデータを元に日本ソフト販売株式会社が算出しました。

内科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの内科の件数が最も多いのは徳島県(1万人当たり約7.2件)。以下10位まで「1万人当たり5~6件」といったところで顕著な差はありませんが、トップ10以内がすべて西日本の県で占められている点が特徴的です。


順位 都道府県 1万人当たりの内科件数 内科件数
1位 徳島県 7.16 515
2位 島根県 5.94 399
3位 佐賀県 5.87 477
4位 大分県 5.67 638
5位 熊本県 5.66 985
6位 高知県 5.52 382
7位 和歌山県 5.41 499
8位 愛媛県 5.25 701
9位 長崎県 5.22 685
10位 広島県 5.12 1,435

外科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの外科の件数が最も多いのは佐賀県(1万人当たり約2.2件)。外科は内科に比べるとトップの県でも3分の1以下の件数です。10位以内は九州・四国の県がほとんどですが、その中に中部地方の石川県が入っている点が目立ちます。


順位 都道府県 1万人当たりの外科件数 外科件数
1位 佐賀県 2.17 176
2位 徳島県 2.13 153
3位 長崎県 2.11 277
4位 高知県 2.05 142
5位 愛媛県 1.95 261
6位 大分県 1.81 204
7位 石川県 1.75 198
8位 山口県 1.74 234
9位 鹿児島県 1.65 263
10位 香川県 1.63 155

小児科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの小児科の件数が最も多いのは徳島県(1万人当たり約2.5件)。10位内は、九州・四国・中国に偏った内科・外科に比べると日本列島の中央方向にやや比重が移動したような地域構成になっています。中部地方では福井県(5位)、岐阜県(7位)、石川県(8位)がランクインしています。


順位 都道府県 1万人当たりの小児科件数 小児科件数
1位 徳島県 2.45 176
2位 鳥取県 2.42 134
3位 島根県 2.34 157
4位 佐賀県 2.06 167
5位 福井県 1.99 153
5位 岡山県 1.99 376
7位 岐阜県 1.81 358
8位 熊本県 1.74 303
8位 石川県 1.74 197
10位 和歌山県 1.68 155

産婦人科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの産婦人科の件数が最も多いのは石川県(1万人当たり約1.1件)。産婦人科のトップ10もやはり西日本の県がほとんどであるため、秋田県の「3位」がひときわ目を引きます。


順位 都道府県 1万人当たりの産婦人科件数 産婦人科件数
1位 石川県 1.08 122
2位 佐賀県 1.00 81
3位 秋田県 0.82 79
4位 島根県 0.77 52
5位 徳島県 0.75 54
6位 長崎県 0.72 95
6位 和歌山県 0.72 66
8位 鹿児島県 0.68 108
9位 鳥取県 0.65 36
10位 愛媛県 0.64 86

整形外科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの整形外科の件数が最も多いのは高知県(1万人当たり約2.1件)。整形外科も中国・四国以西がほとんどで、四国4県がすべてランクインし3県でトップ3を占めている点が特徴的です。ほかの地域は中部の長野県(10位)のみです。


順位 都道府県 1万人当たりの整形外科件数 整形外科件数
1位 高知県 2.08 144
2位 徳島県 1.92 138
2位 愛媛県 1.92 256
4位 佐賀県 1.91 155
5位 石川県 1.88 213
6位 長崎県 1.86 244
7位 熊本県 1.73 301
8位 山口県 1.70 228
9位 香川県 1.66 158
10位 長野県 1.63 334

耳鼻咽喉科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの耳鼻咽喉科の件数が最も多いのは佐賀県(1万人当たり約1.1件)。西日本以外では長野県と秋田県がそれぞれ5位、8位に入っています。


順位 都道府県 1万人当たりの耳鼻咽喉科件数 耳鼻咽喉科件数
1位 佐賀県 1.13 92
2位 石川県 1.12 127
3位 島根県 0.94 63
4位 山口県 0.93 125
5位 長野県 0.91 187
6位 愛媛県 0.88 118
7位 京都府 0.87 224
8位 秋田県 0.85 82
9位 岡山県 0.84 159
10位 和歌山県 0.83 77

眼科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの眼科の件数が最も多いのは石川県(1万人当たり約1.5件)。石川県は今回取り上げた10の診療科のうち7科でトップ10入りしています。また、富山県も上位(4位)に入っています。


順位 都道府県 1万人当たりの眼科件数 眼科件数
1位 石川県 1.48 168
2位 島根県 1.44 97
3位 佐賀県 1.40 114
4位 富山県 1.23 127
5位 和歌山県 1.17 108
6位 岡山県 1.15 217
7位 秋田県 1.10 106
8位 広島県 1.08 303
8位 山口県 1.08 145
10位 徳島県 1.07 77

皮膚科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの皮膚科の件数が最も多いのは石川県(1万人当たり約1.5件)。注目は東京都が7位に入っていることです。東京都の皮膚科数は1,469件、皮膚科に関しては、人口当たりでも相対的に数が多いようです。


順位 都道府県 1万人当たりの皮膚科件数 皮膚科件数
1位 石川県 1.52 172
2位 高知県 1.20 83
3位 佐賀県 1.17 95
4位 島根県 1.16 78
5位 徳島県 1.07 77
5位 岡山県 1.07 202
7位 東京都 1.04 1,469
8位 富山県 1.02 106
9位 熊本県 1.00 174
9位 京都府 1.00 258

精神科・神経科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの精神科・神経科の件数が最も多いのは島根県(1万人当たり約1.2件)。やはり8割は中国・四国・九州の県で占められています。そんな中で石川県が2位、秋田県が7位と中部以東でお馴染みの面々がランクインしています。


順位 都道府県 1万人当たりの精神科・神経科件数 精神科・神経科件数
1位 島根県 1.24 83
2位 石川県 1.08 122
3位 佐賀県 1.03 84
4位 愛媛県 0.98 131
5位 長崎県 0.88 116
6位 高知県 0.85 59
7位 秋田県 0.84 81
8位 山口県 0.79 106
9位 熊本県 0.75 131
9位 鹿児島県 0.75 119

歯科数が多い都道府県ランキング

人口当たりの歯科の件数が最も多いのは徳島県(1万人当たり約7.3件)。歯科は、上位10県の面々も他の診療科とは異なっています。中国・九州にもかかわらず他の診療科では10位内への登場がない広島県や福岡県が2位、3位で、東京都が7位。新潟県と北海道も初登場となっています。歯科に関しては、比較的人口の多い自治体が上位に多くランクインしています。


順位 都道府県 1万人当たりの歯科件数 歯科件数
1位 徳島県 7.27 523
2位 広島県 6.86 1,922
3位 福岡県 6.77 3,477
4位 長野県 6.75 1,384
5位 長崎県 6.68 877
6位 新潟県 6.62 1,459
7位 東京都 6.55 9,214
8位 岡山県 6.46 1,221
9位 北海道 6.40 3,345
10位 鹿児島県 6.36 1,011

【診療科別】人口当たりの病院数が「少ない」都道府県ランキング


少ない 関東地方の都県で5割強を占める


10の診療科について「少ない」都道府県のランキングも集計しました。人口当たりの数としてはわずかな差に過ぎないとはいえ、こちらもやはり地域の傾向がはっきり表れています。歯科以外は少ない方から順に4~6番目までを関東地方の都県が占めており、それ以外では北海道、山梨県、静岡県などが常連となっています。


※ランキング表の1万人当たりの件数は、「国勢調査 令和2年国勢調査 速報集計 人口速報集計(男女別人口及び世帯総数) 出典:総務省統計局ホームページ」のデータを元に日本ソフト販売株式会社が算出しました。

内科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの内科の件数が最も少ないのは千葉県(1万人当たり約1.9件)。少ない順に5番目までを関東勢が占め、沖縄県、奈良県と続いています。


順位 都道府県 1万人当たりの内科件数 内科件数
1位 千葉県 1.89 1,188
2位 埼玉県 2.05 1,506
3位 神奈川県 2.26 2,087
4位 茨城県 2.34 672
5位 東京都 2.81 3,952
6位 沖縄県 3.00 440
7位 奈良県 3.07 407
8位 北海道 3.09 1,616
9位 山梨県 3.13 254
10位 静岡県 3.17 1,151

外科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの外科件数が最も少ないのは神奈川県(1万人当たり約0.4件)。少ない順に4番目までが関東の県で、5番目が北海道、6番目が沖縄県と日本列島の両端が続いています。


順位 都道府県 1万人当たりの外科件数 外科件数
1位 神奈川県 0.38 353
2位 埼玉県 0.41 303
3位 千葉県 0.43 272
4位 東京都 0.50 710
5位 北海道 0.63 332
6位 沖縄県 0.64 94
7位 茨城県 0.64 184
8位 山梨県 0.72 58
8位 大阪府 0.72 633
8位 奈良県 0.72 95

小児科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの小児科件数が最も少ないのは千葉県(1万人当たり約0.7件)。外科同様少ない順に4番目までが関東地方の県ですが、5番目は大阪府、6番目に北海道と続いています。


順位 都道府県 1万人当たりの小児科件数 小児科件数
1位 千葉県 0.73 458
2位 埼玉県 0.74 541
3位 神奈川県 0.82 756
4位 茨城県 0.88 252
5位 大阪府 0.89 783
6位 北海道 0.89 465
7位 東京都 0.97 1,359
8位 岩手県 1.01 122
9位 宮城県 1.04 239
10位 奈良県 1.10 146

産婦人科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの産婦人科の件数が最も少ないのは埼玉県(1万人当たり約0.3件)。やはり少ない順に4番目までが関東の県で、5番目の北海道をはさみ、6番目はまた関東の栃木県となっています。


順位 都道府県 1万人当たりの産婦人科件数 産婦人科件数
1位 埼玉県 0.25 180
2位 茨城県 0.27 77
3位 千葉県 0.28 175
4位 神奈川県 0.29 271
5位 北海道 0.31 163
6位 栃木県 0.33 63
7位 愛知県 0.38 284
7位 東京都 0.38 531
7位 香川県 0.38 36
10位 大阪府 0.40 358

整形外科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの整形外科の件数が最も少ないのは千葉県(1万人当たり約0.6件)。少ない順に6番目までが関東地方と、他の診療科以上に関東に偏っています。


順位 都道府県 1万人当たりの整形外科件数 整形外科件数
1位 千葉県 0.59 370
2位 埼玉県 0.63 463
3位 神奈川県 0.69 634
4位 茨城県 0.79 226
5位 栃木県 0.79 153
6位 東京都 0.80 1,122
7位 北海道 0.94 493
7位 愛知県 0.94 712
9位 静岡県 1.03 376
10位 宮城県 1.07 247

耳鼻咽喉科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの耳鼻咽喉科の件数が最も少ないのは千葉県(1万人当たり約0.3件)。関東の7都県すべてが10番内に入っています。そのほかでは岩手県、山梨県、静岡県がランクインしています。


順位 都道府県 1万人当たりの耳鼻咽喉科件数 耳鼻咽喉科件数
1位 千葉県 0.32 203
2位 埼玉県 0.36 264
3位 茨城県 0.41 117
4位 神奈川県 0.42 386
4位 栃木県 0.42 81
6位 群馬県 0.44 85
7位 岩手県 0.50 60
8位 山梨県 0.51 41
9位 静岡県 0.52 188
10位 東京都 0.53 742

眼科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの眼科の件数が最も少ないのは茨城県(1万人当たり約0.5件)。少ない順に上のほうが関東勢で次に北海道がくる、という他の診療科でも多くみられるパターンとなっています。


順位 都道府県 1万人当たりの眼科件数 眼科件数
1位 茨城県 0.50 143
2位 栃木県 0.51 99
2位 千葉県 0.51 322
4位 埼玉県 0.53 389
5位 神奈川県 0.57 523
6位 北海道 0.61 319
7位 群馬県 0.62 121
8位 山梨県 0.68 55
9位 静岡県 0.71 257
10位 愛知県 0.73 549

皮膚科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの皮膚科の件数が最も少ないのは千葉県(1万人当たり約0.5件)。2番目に少ないのが中部地方の山梨県です。少ない方にはほとんど登場しない九州の大分県が入っている点が目立ちます。


順位 都道府県 1万人当たりの皮膚科件数 皮膚科件数
1位 千葉県 0.50 313
2位 山梨県 0.51 41
3位 埼玉県 0.53 390
4位 茨城県 0.57 163
5位 北海道 0.59 306
5位 神奈川県 0.59 544
7位 静岡県 0.66 241
8位 和歌山県 0.68 63
9位 大分県 0.71 80
10位 栃木県 0.72 140

精神科・神経科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの精神科・神経科の件数が最も少ないのは埼玉県(1万人当たり約0.2件)。少ない順に4番目までは関東地方の県ですが、滋賀県や静岡県、岐阜県、大阪府と中部や近畿の県も登場しています。


順位 都道府県 1万人当たりの精神科・神経科件数 精神科・神経科件数
1位 埼玉県 0.24 175
2位 千葉県 0.26 166
3位 茨城県 0.28 81
4位 栃木県 0.29 57
5位 滋賀県 0.33 47
6位 神奈川県 0.34 316
7位 静岡県 0.37 135
8位 岐阜県 0.38 76
9位 大阪府 0.39 349
9位 山梨県 0.39 32

歯科数が少ない都道府県ランキング

人口当たりの歯科の件数が最も少ないのは埼玉県(1万人当たり約4.4件)。歯科の場合はほかの診療科の傾向とは異なっているものの、九州・四国の県はここでも全く見られず、目立つことといえば北陸の3県(富山・福井・石川)が並んで入っていることぐらいです。


順位 都道府県 1万人当たりの歯科件数 歯科件数
1位 滋賀県 4.38 619
2位 埼玉県 4.67 3,428
3位 島根県 4.88 328
4位 茨城県 4.93 1,415
5位 富山県 4.94 512
6位 福井県 4.95 380
7位 石川県 4.96 562
8位 沖縄県 5.02 737
9位 千葉県 5.05 3,172
10位 神奈川県 5.12 4,730

【診療科別】病院数の増減状況(現在と5年前を比較)

「歯科口腔外科」が30%超「小児歯科」20%超と大幅増の一方、「産婦人科」は20%減


診療科別(※1)の病院数を、現在と5年前のデータ(記事作成時点 ※2)で比較しました。
まず、全体では、5年間で2.24%の微増に止まっています。
診療科別にみていくと、5年の間に最も増えたのは「歯科口腔外科」で、2,530件、約32%と大幅な増加率です。次いで「小児歯科」が約23%増、「気管食道科」と「歯科矯正科」が20%弱の増加、「心臓血管外科」約15%増、の順となっています。
一方、この5年で約36%と最も減少したのは「医療関連サービス」。診療科では「産婦人科」が1,400件、約20%減と落ち込んでいます。次いで「総合病院」が約16%減、「歯科技工所」約15%減、と続いています。

傾向としては大幅増の診療科に「歯」の関連が多いことが挙げられます。もっとも「小児歯科」や「歯科口腔外科」「歯科矯正科」が急増する一方で「歯科」や「歯科技工所」は減少しており、比較的新しい分野で躍進がみられます。
また、「産婦人科」の減少とともに「助産所」も8.6%減っており、少子化問題が深刻化する中さらなる懸念材料となっています。
「内科」や「小児科」「整形外科」「胃腸科・消化器科」「外科」等メジャーな診療科は、いずれも微増・微減に止まり、比較的安定している様子が窺えます。一方、「リハビリテーション科」「呼吸器科」「脳神経外科」「アレルギー科」「リウマチ科」など、市中で見かける機会が徐々に増えてきた診療科も7~8%台の堅実な伸びをみせています。


※1 対象:43診療科(医院・診療所、病院・療養所、医療関連サービス、総合病院等、診療科以外の区分を含む)


※2 2021年6月分データと2016年6月分データ

診療科(種類)別の病院数ランキングおよび増減状況

順位 診療科 2016年6月 2021年6月 増減率
(%)
1位 歯科 74,725 72,126 -3.48
2位 内科 44,049 44,066 +0.04
3位 医院・診療所 26,299 26,185 -0.43
4位 小児科 14,888 14,682 -1.38
5位 整形外科 13,753 13,888 +0.97
6位 小児歯科 10,751 13,876 +22.52
7位 胃腸科・消化器科 13,002 13,143 +1.07
8位 外科 11,621 11,542 -0.68
9位 歯科矯正科 8,859 10,938 +19.01
10位 皮膚科 9,854 10,175 +3.15
11位 眼科 9,911 10,065 +1.53
12位 病院・療養所 10,492 9,905 -5.59
13位 循環器科・循環器内科 7,701 8,133 +5.31
14位 歯科口腔外科 5,450 7,980 +31.70
15位 リハビリテーション科 7,054 7,613 +7.34
16位 耳鼻咽喉科 7,618 7,488 -1.71
17位 総合病院 7,447 6,248 -16.10
18位 精神科・神経科 5,963 6,203 +3.87
19位 産婦人科 6,949 5,549 -20.15
20位 泌尿器科 4,760 4,963 +4.09
21位 心療内科 4,566 4,790 +4.68
22位 呼吸器科 3,934 4,261 +7.67
23位 歯科技工所 4,745 4,030 -15.07
24位 医療関連サービス 5,746 3,698 -35.64
25位 脳神経外科 3,277 3,539 +7.40
26位 アレルギー科 3,034 3,289 +7.75
27位 人間ドック・各種専門ドック(※) 2,864
28位 肛門科 2,856 2,841 -0.53
29位 放射線科 2,658 2,792 +4.80
30位 神経内科 2,586 2,719 +4.89
31位 リウマチ科 2,163 2,371 +8.77
32位 形成外科 1,920 2,038 +5.79
33位 麻酔科 2,166 1,994 -7.94
34位 婦人科(※) 1,592
35位 美容外科 1,506 1,589 +5.22
36位 産科(※) 959
37位 心臓血管外科 726 849 +14.49
38位 呼吸器外科 601 618 +2.75
39位 助産所 673 615 -8.62
40位 救急病院 463 476 +2.73
41位 性病科 351 319 -9.12
42位 小児外科 273 283 +3.53
43位 気管食道科 87 108 +19.44

※2016年6月時点では分類がなく、以降に追加された診療科(種類)です。


日本ソフト販売の「企業データベース」はこちら


本記事は日本ソフト販売の企業データベースをもとに作成しています。1,140業種に分類した全国の企業情報(電話帳情報)を、テキストデータで提供するサービスについて、詳しい情報を掲載しています。


問い合わせ

日本ソフト販売は、データベースを活用してビジネスの課題解決を支援します。

  • ● 新規開拓をするための、ターゲットリストが欲しい
  • ● 顧客情報の入力時間を短縮して、業務を効率化したい
  • ● 企業データベースを活用して、マーケティングをおこないたい
  • ● 自社製品やサービスに企業データベースを組み込みたい
  • ● 新システムの導入前に、顧客データを整備したい

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。