トップ > サポート・お問い合わせ > 新着情報 > 2012年09月


2012年09月19日

ホームページに住所入力APIをカンタン導入『Webつくつく住所』新発売

自動入力API の組み込みで、ウェブサイトがさらに使いやすくなります


製品紹介へ
ニュースリリースへ


「Webつくつく住所」は、日本初の、電話番号や郵便番号をもとに住所を自動入力するウェブAPIです。電話番号を入力すると、番地までの住所を検索し、ホームページの入力フォームに瞬時に表示します。郵便番号から住所情報を表示することもできます。ホームページのユーザビリティ向上はもちろん、誤入力を防止し登録ミスを減らします。

住所情報は、全国の電話帳データベース約2,500万件&郵便番号データベース(市区町村統廃合に対応)を定期的に更新し、常に最新の情報をご利用いただけます。さらに、局番辞書、郵便番号辞書、姓名辞書など弊社が誇るデータベース群を駆使したウェブAPI機能を、標準機能としてご提供します。

またオプション機能として、導入企業が保有する顧客データベースなどを、弊社独自の技術でウェブAPI化するソリューションもご提供します。たとえば、メールアドレスをキーワードに、顧客情報を瞬時に呼び出すことができます。

しかもこの高度なシステムが、HTML に数行記述するだけで実装でき、Ajax やプログラムの知識がない方でも導入しやすい仕組みになっています。

トップへ

Page Top