トップ > サポート・お問い合わせ > 新着情報 > AED遠隔監視システム「AEDガーディアン」販売に関する フクダ電子、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、日本ソフト販売 3社合意に関して


2009年10月05日

AED遠隔監視システム「AEDガーディアン」販売に関する フクダ電子、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、日本ソフト販売 3社合意に関して

フクダ電子株式会社(社長:福田孝太郎、以下フクダ)、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(社長:山田隆持、以下ドコモ)、日本ソフト販売株式会社(社長:中川基、以下日本ソフト)の3社は、2010年1月に販売開始予定の、より安心、安全な(※1)AEDの普及を促進する新サービス「AEDガーディアン™」の提供につき、共同して行っていくことを合意しましたのでお知らせ致します。


■AEDガーディアン™の概要
「AEDガーディアン™」(以下本サービス)は、AEDが収納されているボックス内にAEDの赤外線を受信するフクダ製の機器と、ドコモのFOMA®モジュールを搭載した通信ユニットを設置することにより、設置場所で目視確認をしなくとも24時間365日遠隔で自動監視することが可能となり、安心、安全なAEDの普及を促進するサービスです。

【提供機能】

1. 通報機能
・バッテリー残量の低下
・除細動パッドの破損(ハートスタートFR2+は除く)
・持ち出し(利用通知)
・その他のエラー(AED本体の機械的故障等)
・バッテリー、除細動パッドの有効期限
2. 定期点検管理機能
・AED機能日次点検管理(日報管理機能)

本サービスの導入に際しては、通信モジュールを内蔵しているため大掛かりな配線工事は不要で、AEDを設置したその日から監視を始めることができます。


詳しい情報はニュースリリースへ
http://www.nipponsoft.co.jp/support/release/2009/aedguardian/

トップへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL

スパム対策で、チェック後公開しています。

トップへ

Page Top