トップ > PCソフト製品 > 電子電話帳2016 Ver.21 業種版

電子電話帳2016 Ver.21 業種版

企業でもマイナンバーの厳重な管理が求められています

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始により、民間企業では税や社会保障などの手続きにマイナンバーを利用することになります。
従業員や取引先から収集したマイナンバーは厳重に管理される必要があり、マイナンバー制度への適切な対応が求められています。
電子電話帳は、これら企業の課題である”マイナンバーの安全な管理”を実現するために、従来の顧客管理機能に加え、登録機能やパスワード機能を充実させ、マイナンバー対応の情報管理ソフトとして新たにバージョンアップしました。
マイナンバーを取り扱う人事部、総務部、経理部において、安全な情報管理を電子電話帳はサポートします。

電子電話帳マイナンバー対応企画プレゼント

新規顧客の開拓に大活躍、信頼の販売実績20年の電話帳ソフト

電子電話帳2016 Ver.21 業種版

『電子電話帳2016 Ver.21 業種版』は、個人名を除くあらゆるデータ626万件を収録しています。公開されている電話帳をデータベース化し、検索や顧客管理・マイナンバー管理などの用途に幅広く対応したソフトです。業種版の特長は、会社名の一部をキーワードにした業種名検索と、72業種のカテゴリに分類されたデータから目的の業種を検索できるカテゴリ検索です。
最新の電話帳から新規見込み客を抽出できるのはもちろん、既存の顧客をいろいろな条件で検索することにより、今まで気づかなかった新たなアプローチ法が見えてきます。また、既存の顧客情報を業種版に取り込み、古い住所の変換や複数のアドレス帳の重複データ確認をおこなうことにより、顧客データを常に活用可能な状態にメンテナンスできます。

NEW 電子電話帳2016 Ver.21 業種版 新機能

  • 最新版電話帳データベースを収録しました(2015年8月発刊データ)。
  • 住所録に個人マイナンバー法人番号を管理する項目を追加しました。
  • マイナンバーを安全に管理するために、マイナンバー管理者用のパスワードを設定できる機能を追加しました。
  • 「市区町村統廃合等で変更された住所・郵便番号の一括変換機能を更新しました。
    (1996年4月~2015年11月の市区町村合併に対応)
  • 「スーパーマップル・デジタル16」が、連携地図に加わりました。

Page Top