トップ > PCソフト製品 > 発信写録 Ver.14


発信写録 Ver.14

着信と同時にお客様情報確認!
初めての電話でも相手がわかる!!

『発信写録 Ver.14』は、ナンバーディスプレイ機能を使ったCTIソフトです。
電話が鳴ると同時に発信元の番号がパソコンに送られます。瞬時にデータベースを検索し、ヒットした情報を画面上にポップアップ表示します。検索にヒットしない場合も、電話番号からおおまかな発信地域を特定できます。
個々の着信履歴に電話応対の内容やお客様情報を新たに加え、データベースに追加すると次回着信時にその内容を確認できます。地図ソフト(別売り)と連携使用すれば、照会画面と地図の画面が直結。配達業務などにとても便利です。発信写録で、ワンランク上のより細やかな電話応対を実現します。

トップへ

製品紹介

あらゆる分野で大活躍

新機能

  • 「電話帳データベース」の最新版を収録しました。[2011年度版データ(2010年4月までに発刊)]
  • 市区町村統廃合で変更された住所・郵便番号の一括変換機能を更新しました(登録名簿)。(1996年4月~2010年7月の市区町村合併等に対応)
  • 連携地図ソフトが追加されました。プロアトラスSV6、スーパーマップル・デジタル11
  • 対応アダプターが追加されました。日興電機製作所 アロハUSB、エフシステムズ USB対応 ナンバーディスプレイ・アダプタ FS-A02
電話着信と同時に検索、お客様情報を呼び出します!

2011年度版 全国電話帳データベース搭載!

発信写録には、公開されている全国の電話帳データ約2,800万件が暗号化収録されています。電話帳に名前が掲載されている個人・法人からの着信の場合、着信と同時に電話番号、住所、名称までを自動検索して表示します。入力の手間が省けるため、お客様を待たせることなく対応できます。

※氏名カナは機械的に付加していますので、目安としてご利用ください。

着信画面

電話が鳴ると同時に、発信元の番号がパソコンに送られます。データベースを検索し、ヒットした情報を画面上にポップアップ表示します。
検索にヒットしなかった場合でも、電話番号からおおまかな発信地域を特定できます。個々の着信履歴に電話応対の内容やお客様情報を新たに加え、データベースに追加すると次回着信時にその内容を確認できます。地図ソフト(別売り)と連携使用すれば、照会画面と地図の画面が直結。配達業務などにとても便利です。発信写録で、ワンランク上のより細やかな電話応対を実現します。

夜間や留守中など、パソコンや発信写録を動かしていない時にかかってきた電話も、ナンバーディスプレイ機器に残っている着信履歴を取り込むこともできます。
※着信履歴取込可能な機器が必要

登録データをCSV出力する際、ファイルを暗号化できます。また、必要に応じて起動時パスワードを設定できます。
※暗号化・パスワードの設定は任意

「ナンバー・ディスプレイ」とは?

電話に出る前に、かけてきた相手の電話番号が電話機などのディスプレイに表示されるサービスです。
発信写録は、この「ナンバー・ディスプレイ」サービスとそれに対応したナンバーディスプレイ機器を利用して動きます。「ナンバー・ディスプレイ」サービスは、月々400円 ~ 1,800円(ご使用の電話回線により価格が変わります)かかります。

ナンバー・ディスプレイについて (NTT 東日本 / NTT 西日本

収録データについて

電話帳データベースで使用している漢字文字は、JIS X0208-1990(新JIS)の第一・第二水準文字を使用しています。

トップへ

動作環境

PC動作環境

OS Windows Vista/XP(管理者権限が必要)
※Windows 7動作確認済み
※上記すべてのOSは32bit版に対応
デバイス Windows対応のマウス、その他ポインティング・デバイス
CD-ROMドライブ 12倍速以上を推奨(検索時にCD-ROMが必要)
メモリ Windows Vista:1GB以上、Windows XP:256MB以上
ハードディスク 120MB以上の空き領域(データをファイル出力する場合はその分空き領域が必要)
画面解像度 800×600以上
表示色 High Color以上
その他 COMポート(USBポートを使用する場合はUSBポート)が必要

ご用意いただくもの

  • 対応機器【ナンバーディスプレイアダプター(アナログ回線)、ターミナルアダプター(ISDN回線)、IP-PBX機器(IP-PBX)】(対応機器一覧
  • 各対応機器が動作する電話回線
  • NTTとのナンバーディスプレイ契約(月々一定の課金あり)
  • 機種によりアダプタとパソコンを接続するRS-232Cケーブルが別途必要

ご注意ください

  • 次の回線での発信写録の使用は動作保証外となります。
    • ひかり電話、IP電話
      (弊社対応のIP-PBX機器を使用する場合は除く)
    • NTT以外の回線をご利用の場合 (弊社対応のIP-PBX機器を使用する場合は除く)
    • アナログのナンバーディスプレイ対応機器と交換器(PBX)を接続して利用する場合
  • Windows Vista、Windows 7でご使用の場合は、対応アダプター、ケーブルが動作を保証している必要があります。ご確認のうえお使いください。
  • COMポート(シリアルポート)がないパソコンでは発信写録は使用できません。(USBポートに接続するアダプターを使用する場合と、IP-PBXで使用する場合は除く)
    COMポートがないパソコンで使用する場合は、USB-シリアル変換ケーブルが別途必要です。
  • 動作確認をしているUSB-シリアル変換ケーブル
    • ELECOM USB to シリアルケーブル UC-SGT
    • BUFFALO USB-シリアル変換ケーブル BHC-US01/GP
    • I-O DATA USBシリアル変換アダプター USB-RSAQ5、USB-RSAQ3
    ※ドライバー等の設定やWindows Vista、Windows 7対応については各社サポートセンターにお問い合わせください。

対応済み地図表示ソフトウエア

※インターネットを利用するタイプの地図ソフトとの連携について

上記対応済み地図ソフトのうち、インターネット回線を利用するタイプをご使用の場合、地図ソフトで使用するインターネット回線は、発信写録を使用する電話回線と同一のTAではご利用いただけない場合があります。(現在、発信写録を使用しながらインターネットに接続し、お使いいただいているお客様は問題ありません)
インターネット回線は、ADSLなどの常時接続回線を利用することをお勧めします。

トップへ

接続例

一般加入電話で発信写録を使う

一般加入電話で発信写録を使う画面

ADSL回線で発信写録を使う

ADSL回線で発信写録を使う画面

ISDNで発信写録を使う

ISDNで発信写録を使う画面

弊社対応のIP-PBX機器を利用する場合の設定に関して

ご使用のIP-PBX機器によっては、発信写録を利用するために事前に設定が必要な場合があります。また発信写録側でも環境設定が必要となります。
詳しくはこちらの設定方法をご参照ください。

ひかり電話、IP電話、交換機を含む回線でのご利用に関して

次の回線での発信写録の使用は動作保証外となります。

  • ひかり電話、IP電話
    (弊社対応のIP-PBX機器を使用する場合は除く)
  • NTT以外の回線をご利用の場合 (弊社対応のIP-PBX機器を使用する場合は除く)
  • アナログのナンバーディスプレイ対応機器と交換器(PBX)を接続して利用する場合

動作保証外であることをご了承いただいた上で上記回線でご利用になる場合は、こちらの接続例をご参照ください。

トップへ

希望小売価格

パッケージ

本製品は販売を終了しました。

発信写録 Ver.14

(CD-ROM1枚)

希望小売価格 ¥ 19,740(税込)

トップへ

Page Top