トップ > PCソフト製品 > 発信写録 Ver.15

接続例

一般加入電話で発信写録を使う

一般加入電話で発信写録を使う

ADSL回線で発信写録を使う

ADSL回線で発信写録を使う

ISDNで発信写録を使う

ISDNで発信写録を使う

NTTひかり電話で発信写録を使う

NTTのひかり回線でご利用になる場合、NTTひかりルータとアロハUSB(日興電機製作所)の組み合わせでご利用いただくことができます。対応ルータなどの詳細については日興電機製作所のウェブサイト内にあるアロハUSB製品紹介ページでご確認ください。

NTTひかり電話で発信写録を使う

※1台のパソコンで複数回線(複数チャネル)の着信履歴を取り込むことはできません。

動作保証外の環境でのご利用に関して

  • 次の環境における発信写録の使用は動作保証外となります。
    • NTT以外の回線、IP電話をご利用の場合
    • 交換器(PBX)を含む環境にて利用する場合
      (弊社対応のIP-PBX機器を使用する場合はIP-PBX機器の対応する回線に準拠)
    動作保証外であることをご了承いただいた上で、上記環境にて発信写録の使用をご検討の場合は、以下の内容を回線業者様や機器の販売メーカー様にご確認のうえご使用ください。
    • 弊社対応機器の接続が可能であり、電話環境全体の動作に問題を及ぼさない
    • 弊社対応機器で電話番号情報を取得することができる
    接続例は以下をご参照ください。

ADSL回線でIP電話と併せて発信写録を使う

ADSL回線でIP電話と併せて発信写録を使う

対応機器一覧

発信写録を利用するには対応機器が必要となります。別途ご用意ください。
対応機器の最新ファームウェア、Windows 7、Windows Vistaへの対応状況については、各社のサポートセンターへお問い合わせください。

NTT / NEC / I-O DATA / ALEXON / NTT ME / 日興電機製作所 / エフシステムズ / IT住宅研究所 / NTTデータ先端技術 / アイコム

※対応機種の中には既に販売を終了している機種もあります。
※電話回線の接続形態によってはご利用いただけないことがあります。
※『着信履歴取込』とは、発信写録が起動していない間の着信履歴をアダプタから読み込む機能です。
※『電話ポート発信』とは、発信写録の着信照会画面または登録名簿照会画面から電話をかける機能です。

NTT

NTT東日本ホームページ / NTT西日本ホームページ

デジタル回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
INSメイトV-8DSU × - × - ファームウェア Ver1.30以上であること。 販売終了
INSメイトD-4 × - × -   販売終了
INSメイトV-30DSU × - TEL1、TEL2 着信番号取得にはファームウェア Ver1.10以上であること。電話ポートの発信にはファームウェア Ver1.20以上であること。 販売終了
INSメイトV30Tower × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
INSメイトV30Slim × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売中
INSメイトV-70DSU × - TEL1、TEL2、TEL3 データポート対応。USBポート非対応。電話ポートの発信にはファームウェア Ver1.30以上であること。 販売終了
INSメイトV70MAX × - × - データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
INSメイトV70G-MAX × - × - データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
アナログ回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
ナンバーディスプレイアダプタ20 × - × - 改善品であること。
※初期出荷製品の一部に着信情報をPC側にうまく転送できないものがあります。詳しくは製造元へお問い合わせください。
販売終了
ナンバーディスプレイアダプタ30 30件 × - 着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。 販売終了

NEC

NECホームページ

デジタル回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
Aterm IT40/D × - 電話A、電話B 電話ポートの発信にはファームウェア Ver1.40以上であること。 販売終了
Aterm IT60(L)/D
(データポートを使用)
× - 電話A、電話B 着信番号取得にはファームウェア Ver1.04以上であること。電話ポートの発信にはファームウェア Ver1.40以上であること。 販売終了
Aterm IT60(L)/D
(USBポートを使用)
50件 電話A、電話B 製品に添付されている「着信履歴 for USB ユーティリティ」のインストールが必要です。着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。 販売終了
Aterm IT75/D
(データポートを使用)
× - 電話A、電話B、電話C 着信番号取得にはファームウェア Ver1.04以上であること。電話ポートの発信にはファームウェア Ver1.40以上であること。 販売終了
Aterm IT75/D
(USBポートを使用)
50件 電話A、電話B、電話C 製品に添付されている「着信履歴 for USB ユーティリティ」のインストールが必要です。着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。 販売終了
Aterm ITX70/80/D
(データポートを使用)
× - × -   販売終了
Aterm ITX70/80/D
(USBポートを使用)
50件 電話A、電話B、電話C 製品に添付されている「着信履歴 for USB ユーティリティ」のインストールが必要です。着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。 販売終了
Aterm ITX92BT
(データポートを使用)
× - 電話A、電話B、電話C   販売終了
Aterm ITX92BT
(USBポートを使用)
50件 電話A、電話B、電話C 製品に添付されている「着信履歴 for USB ユーティリティ」のインストールが必要です。着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。USBはAtermモードで使用して下さい。 販売終了
Aterm ITX72
(データポートを使用)
× - 電話A、電話B、電話C   販売終了
Aterm ITX72
(USBポートを使用)
50件 電話A、電話B、電話C 製品に添付されている「着信履歴 for USB ユーティリティ」のインストールが必要です。着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。USBはAtermモードで使用して下さい。 販売終了
Aterm ITX62
(データポートを使用)
× - 電話A、電話B   販売終了
Aterm ITX62
(USBポートを使用)
50件 電話A、電話B 製品に添付されている「着信履歴 for USB ユーティリティ」のインストールが必要です。着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。USBはAtermモードで使用して下さい。 販売終了
Aterm IT31L × - 電話A、電話B、電話C データポート対応。USBポート非対応。 販売中
Aterm IT21L × - 電話A、電話B データポート対応。USBポート非対応。 販売中
Aterm IT42 × - 電話A、電話B データポート対応。USBポート非対応。 販売中

I-O DATA

I-O DATAホームページ

アナログ回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
NDA-P1 10件 × - 着信履歴の取得には「NDA-P1サポートソフト」中の「NDA_P1.dll」をインストールフォルダにコピーする必要があります。
着信履歴取得中の着信電話に関する情報は取れません。
販売終了

ALEXON

ALEXONホームページ

デジタル回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
ALEX-TD503α × - TEL1、TEL2、TEL3 ファームウェア Ver1.14以上であること。 販売終了
ALEX-TD603 × - TEL1、TEL2、TEL3 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
ALEX-TD601 × - TEL1、TEL2、TEL3 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
ALEX-TD451 × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
ALEX-TD101 × - TEL1、TEL2   販売終了
ALEX-TD121 × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
ALEX-TD480 × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売中
ALEX-TD580 × - TEL1、TEL2、TEL3 データポート対応。USBポート非対応。 販売中
ALEX-TD680 × - TEL1、TEL2、TEL3 データポート対応。USBポート非対応。 販売中
ALEX-TD780 × - TEL1、TEL2、TEL3 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
ALEX-TDC200 × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売中

NTT ME

NTT MEホームページ

デジタル回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
MN128-V3 × - TEL1、TEL2 ファームウェア Ver1.30以上。 販売終了
MN128-SOHO × - TEL1、TEL2 ファームウェア Ver1.30以上。 販売終了
MN128-SOHO-SL10 × - TEL1、TEL2 ファームウェア Ver1.10以上。 販売終了
MN128-SOHO-SL11 × - TEL1、TEL2   販売終了
MN128-SOHO-Slotin × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
MN128mini × - TEL1、TEL2 ファームウェア Ver1.10以上。 販売終了
MN128mini-V × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
MN128mini-S × - TEL1、TEL2   販売終了
MN128mini-J × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
MN128mini-SV1 × - TEL1、TEL2 データポート対応。USBポート非対応。 販売終了
MN128 PAL × - TEL1、TEL2 USBをシリアルUSBとして使用。 販売終了
MN128 PAL B&I × - TEL1、TEL2 USBをシリアルUSBとして使用。 販売終了
MN128 PAL FR × - TEL1、TEL2 USBをシリアルUSBとして使用。 販売終了

日興電機製作所

日興電機製作所ホームページ

アナログ回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
アロハPC1 × - × - 発信写録の対応機器設定でアロハPC1が表示されない場合はNTT ナンバーディスプレイアダプタ20の設定で利用可能。
ナンバーディスプレイ機能付きの電話機とは同時に使用できません。
(ナンバーディスプレイ機能をOFFにしてご使用ください)
販売終了
アロハUSB × - × - USBポートに接続し、発信写録の環境設定ではシリアルポート(COM)として設定します。
専用ドライバが必要です。
発信写録の対応機器設定でアロハUSBが表示されない場合はアロハPC1もしくはNTT ナンバーディスプレイアダプタ20の設定で利用可能。
ナンバーディスプレイ機能付きの電話機とは同時に使用できません。
(ナンバーディスプレイ機能をOFFにしてご使用ください)
販売中

エフシステムズ

エフシステムズホームページ

アナログ回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
FS-A01 × - × - USBポートに接続し、発信写録の環境設定ではシリアルポート(COM)として設定します。
FS-Aシリーズ対応のドライバが必要です。
アダプタに電話機が接続されている必要はありませんが、ナンバーディスプレイ対応の電話機が接続されている場合は表示機能をオフにしておく必要があります。
電話機側では着信番号の表示はできません。
販売中
FS-A02 × - × - USBポートに接続し、発信写録の環境設定ではシリアルポート(COM)として設定します。
FS-Aシリーズ対応のドライバが必要です。
発信写録の対応機器設定でFS-A02が表示されない場合はFS-A01の設定で利用可能。
アダプタにナンバーディスプレイ対応の電話機が接続されている必要があります。
電話機側のナンバーディスプレイにも着信番号の表示が可能です。
販売中

IT住宅研究所

IT住宅研究所ホームページ

アナログ回線対応機器
機器名称 着信履歴取込 電話ポート発信 注意事項
可否 取込件数 可否 ポート番号
USBCID3-JP × - × - USBポートに接続し、発信写録の環境設定ではシリアルポート(COM)として設定します。
専用ドライバが必要です。
アダプタに電話機が接続されている必要があります。
電話機側のナンバーディスプレイにも着信番号の表示が可能です。
販売中

NTTデータ先端技術

NTTデータ先端技術ホームページ

IP-PBX機器

発信写録を利用するための設定に関しては、IP-PBX機器を利用する場合の設定に関して をご参照ください。

機器名称 着信履歴取込 電話発信 注意事項
可否 取込件数 可否 発信番号
astima × - 指定内線番号 IP-PBXを使用する環境が整備されていることが前提です。 販売終了

アイコム

アイコムホームページ

IP-PBX機器(IP電話ルータ)

発信写録を利用するための設定に関しては、IP-PBX機器を利用する場合の設定に関して をご参照ください。

機器名称 着信履歴取込 電話発信 注意事項
可否 取込件数 可否 発信番号
AP-5100VoIP × - × - IP-PBXを使用する環境が整備されていることが前提です。
発信写録を利用するパソコンがIP-PBX機器に子機として登録されている必要があります。
販売中
SR-53V × - × - IP-PBXを使用する環境が整備されていることが前提です。
発信写録を利用するパソコンがIP-PBX機器に子機として登録されている必要があります。
販売中
VR-6030 × - × - IP-PBXを使用する環境が整備されていることが前提です。
発信写録を利用するパソコンがIP-PBX機器に子機として登録されている必要があります。
販売中

IP-PBX機器を利用する場合の設定に関して

ご使用のIP-PBX機器によっては、発信写録を利用するために事前に設定が必要な場合があります。また発信写録側でも環境設定が必要となります。

NTTデータ先端技術株式会社製IP-PBX「astima」の場合

  1. 発信写録を利用するために「astima」の設定は特にありません。
    ※「astima」を利用する環境が事前に整備されている必要があります。
  2. 次に発信写録側の設定を行います。
    1. 発信写録を起動します。
    2. 「環境設定」画面を開き、使用形態を「IP-PBX」にあわせます。
    3. 対応機器を「NTTデータ先端技術 astima」に合わせ、「詳細設定」ボタンをクリックします。
    4. 「IP-PBX使用時の詳細設定」画面を開きます。
    5. 以下の設定項目を入力します。
      • IPアドレス … 「astima」のIPアドレス(例:192.168.XXX.XXX)
      • 内線番号 … 使用するIP電話機の内線番号(例:1001)
      • 電話番号 … 着信情報を取得したい外線電話番号(例:053-XXX-XXXX)
    6. 「設定」ボタンをクリックします。設定がパソコン内に保存されます。
    7. 「環境設定」画面で「設定」をクリックして、設定を完了します。

以上で設定は完了です。

アイコム株式会社製ルーターの場合

対応機種: 「SR-53V」、「AP-5100VoIP」、「VR-6030」

  1. 発信写録を利用するためにルーターの設定を行います。
    ※ルーターを利用する環境が事前に整備されている必要があります。
    1. ルーター(「SR-53V」等)に発信写録用の内線を登録します。
      (発信写録をインストールして使用するパソコンを子機として登録します)
      ここでは例として内線[9001]を発信写録用として登録します。
    2. 外線着信時、電話機と同時に発信写録用の内線も着信させるように設定します。
      ここでは代表番号[9000]を登録し、電話機[1001]と発信写録用[9001]を同時に着信させるように設定します。

      外線の着信先を代表番号[9000]とします。
  2. 次に発信写録側の設定を行います。
    1. 発信写録を起動します。
    2. 「環境設定」画面を開き、使用形態を「IP-PBX」にあわせます。
    3. 対応機器を「アイコム SR-53V」などに合わせ、「詳細設定」ボタンをクリックします。
    4. 「IP-PBX使用時の詳細設定」画面を開きます。
    5. 以下の設定項目を入力します。
      • IPアドレス … 「SR-53V」などの機器のIPアドレス(例:192.168.XXX.XXX)
      • 内線番号 … 使用するIP電話機の内線番号(例:1001)
      • 電話番号 … 着信情報を取得したい外線電話番号(例:050-XXXX-XXXX)
      • 名前 … 子機内線設定で発信写録用の内線として指定した「名前」(例:9001)
      • パスワード … 子機内線設定で発信写録用の内線として指定した「パスワード」(例:9001)
    6. 「設定」ボタンをクリックします。設定がパソコン内に保存されます。
    7. 「環境設定」画面で「設定」をクリックして、設定を完了します。

以上で設定は完了です。

設定完了後にエラーメッセージが出る場合

設定完了後に以下のようなエラーメッセージが表示される場合は、設定した内容に誤りがある可能性があります。発信写録の「環境設定」画面および「IP-PBX使用時の詳細設定」画面を開いて、正しい内容が設定されているかを確認してください。

Page Top