トップ > PCソフト製品 > 発信写録 Ver.9


発信写録Ver.9、電話が鳴る。氏名・住所を即表示!!

電話が鳴ったら即、相手の名前・住所・電話番号を画面に表示!初めての電話でも相手がわかる!!

トップへ

製品紹介

新機能

起動時にパスワードの設定と、アドレス帳をファイル出力する際に暗号化し、個人情報の流出を防ぎます。

2006年度版 全国電話帳データベース搭載!

2005年4月までに発刊された全国の電話帳(NTTのハローページ)から、法人(一般企業・官公庁・学校・病院・個人商店など)・個人のデータ約3,200万件を内蔵。
お客様確認・予約・注文・お問い合わせなど、あらゆる業務に対応します。
また、別売の地図表示ソフトウェアと連携して近隣地図を表示させることも簡単です。

電話とパソコンで連携動作!

着信画面

電話がかかってきた時点で発信写録(はっしんしゃろく)が、かけてきた相手の情報(住所や名前だけでなく、前回かかってきた電話の時刻や対応内容、対応者など)をパソコン画面に表示。受話器を取る前に電話対応の準備ができます。
電話帳に掲載されていない電話番号からの着信には、電話番号の局番から近隣住所を探し出す、局番辞書が住所の入力をサポートします。
夜間や留守中など、パソコンや発信写録を動かしていない時にかかってきた電話も、ナンバーディスプレイ機器に残っている着信履歴を取り込むこともできます。 ※着信履歴取込可能な機器が必要

「ナンバー・ディスプレイ」とは?

電話に出る前に、かけてきた相手の電話番号が電話機などのディスプレイに表示されるサービスです。
発信写録は、この「ナンバー・ディスプレイ」サービスとそれに対応したナンバーディスプレイ機器を利用して動きます。「ナンバー・ディスプレイ」サービスは、月々400円 ~ 1,800円(ご使用の電話回線により価格が変わります)かかります。

ナンバー・ディスプレイについて (NTT 東日本 / NTT 西日本

トップへ

動作環境

PC動作環境

  • Windows XP/Me/2000/98SE
    ※Windows XP/2000でご利用の場合は管理者権限が必要です。
  • Windows XPでは128MB以上(256MB以上推奨)、その他のOSでは64MB以上(128MB以上推奨)のメモリ
  • 90MB以上のハードディスク空き容量
  • CD-ROMドライブ(12倍速以上を推奨、検索時にCD-ROMが必要)
  • 800×600ピクセル以上の画面解像度
  • 256色以上の表示色を推奨
  • マウスまたはポインティング・デバイス
  • NTTとのナンバーディスプレイ契約(月々一定の課金あり)
  • 対応のナンバーディスプレイアダプタまたはターミナルアダプタ
    (機種によりアダプタとパソコンを接続するRS-232Cストレートケーブルが必要)
  • アダプタが動作する電話回線

対応済み地図表示ソフトウエア

  • プロアトラスW2、W3、SV(株式会社アルプス社)
  • Super Mapple Digital Ver.1~6(株式会社昭文社)
  • グランマップ 東京都全域版 Ver.2.22以降(株式会社マップネット)
  • its-mo Navi(株式会社ゼンリンデータコム)
  • MapFan.net(インクリメントP株式会社)

※its-mo Naviとの連携について

its-mo Naviに接続するインターネット回線は、発信写録を使用する電話回線と同一のTAではご利用いただけない場合があります。(現在、発信写録を使用しながらインターネットに接続し、お使いいただいているお客様は問題ありません)
its-mo Naviに接続するインターネット回線は、ADSLなどの常時接続回線を利用することをお勧めします。

トップへ

接続例

ひかり電話で発信写録を使う

ひかり電話で発信写録を使う画面

※1台のパソコンで複数回線(複数チャネル)の着信履歴を取り込むことはできません。

ADSL回線でIP電話と併せて発信写録を使う

ADSL回線でIP電話と併せて発信写録を使う画面

ADSL回線で発信写録を使う

ADSL回線で発信写録を使う画面

ISDNで発信写録を使う

ISDNで発信写録を使う画面

一般加入電話で発信写録を使う

一般加入電話で発信写録を使う画面
トップへ

希望小売価格

パッケージ

本製品は販売を終了しました。

発信写録 Ver.9

(CD-ROM1枚)

希望小売価格 ¥ 19,740(税込)

トップへ

Page Top