トップ > ビジネスソリューション > CNValu

法人番号(企業版マイナンバー)の活用方法

法人番号の活用シーン

法定調書へ『法人番号』を記載

法定調書の提出義務者は、2016年1月1日以降の金銭の支払等に係る法定調書に法人番号(企業版マイナンバー)を記載することが法律で義務化されており、企業における法人番号への早急な対応が求められています。

マイナンバー制度 事業者の対応 法定調書への法人番号(法人版マイナンバー)の記載

法人番号は国税庁の法人番号公表サイトで確認できますが、数千、数万社の取引先に対して1件ずつ個別に調査することはあまりにも非効率です。付加作業に多大な時間がかかり、人件費などの経費も膨大になります。
そこで、当社の法人番号一括付加サービス『CNValu』のニーズが高まっています。

『法人番号』を利用した業務効率化や名寄せ

法人番号の活用シーンは、法定調書への記載だけではありません。今後、法人情報の管理やマーケティングの分野で積極的に活用されていくことが予想されます。

法人番号の利活用に関する情報は、国税庁の「法人番号の利活用~法人番号の利活用方法のご紹介~」(PDF)に掲載されています。

  • 行政手続きにおける届出や申請等のワンストップ化による負担軽減や、企業間取引における添付書類の削減による事務の効率化が期待できます。
  • 法人番号の付与時期から新設法人の把握が可能になり、新規取引先開拓への利用が期待できます。
  • 複数の部署や事業所において異なる管理がされている取引先情報を、法人番号から集約、名寄せができます。
  • 法人番号(法人版マイナンバー)から同一の企業の支店や事業所を名寄せ

Page Top