トップ > ビジネスソリューション > 官報データベース

正確な与信審査には過去の破産情報が必要です

個人の免責手続きは、破産申し立てから“約2か月”でおこなわれます

個人の免責手続きは破産申し立てから約2か月

同時廃止型の破産手続きの場合、免責許可は破産の申し立てから約2か月でおこなわれます。つまり、債務者が多額の借金を抱えていても、破産申し立てから約2か月後には借金を抱えていない状態となります。正確な与信審査をおこなうには、過去にさかのぼって破産の有無を確認する必要があります。

過去の破産情報があれば安心です

「官報情報提供サービス」では、2000年1月からの官報破産者情報を提供してます。たとえ現在借金を抱えていないお客様でも、過去の“破産・民事再生・失踪・会社更生・会社整理・特別清算”を調査することで、より精度の高い審査が可能になります。

個人の破産手続きは 98%が同時廃止型です

個人の破産手続きの流れ

Page Top