トップ > ビジネスソリューション > 官報データベース

官報情報を審査業務で利用する場合の課題は対応済みですか?

  1. 外字の対応!

    今の審査システムは外字の対応は万全ですか?

  2. 手続きの履歴調査

    掲載1つの確認で安心はできません。
    手続き中の苗字の変更、住所変更の確認はとれていますか?

  3. 訂正・正誤公告の情報反映!

    官報掲載に誤り(裁判所の誤り、印刷の誤り)があった場合(訂正・正誤公告が掲載されます)の対策はできていますか?

  4. 情報漏れのチェック!

    官報原紙の確認や、入力作業によるデータ化では、情報が不足する可能性大です。
    今の確認方法でチェック漏れの対策は万全でしょうか?

上記の項目で1つでも対応ができていない場合、該当情報が無いのではなく、検索できていない可能性があります。

官報データベースは課題が全てクリアーされています

「簡単」・「安心」・「確実」

簡単:名前だけの簡単検索(住所等の絞り込みも簡単)
安心:課題は全てクリアー
確実:情報もれの心配もありません。

提供方法は2種類のサービス形態!

1.官報データをWeb経由で検索『e官報ネット』

常に最新の官報データでメンテナンスも不要な、Web経由で検索できるサービスです。

2.システム組み込み自由な『官報情報提供サービス』

システム組み込みが自由なテキストデータを定期的にお届けし、ご利用企業の用途や目的に合わせ、使いやすく、高機能にカスタマイズできます。

Page Top