トップ > ビジネスソリューション > NISAシステム

お客様を漏れなくキャッチ&囲い込み

2. NISA顧客キャッチャー(CTIシステム)

NISA顧客キャッチャー 顧客管理
  • 既存顧客の取り込み … 初めに既存顧客を取り込み、顧客獲得&顧客管理へ。

    まず、初めにCTIシステム『NISA顧客キャッチャー』に既存の顧客データベースを取り込みます(CSV形式で出力したデータを取り込み)※。これにより、プロモーションやお問い合わせ対応、申し込み、口座開設といった一連の顧客獲得&顧客管理業務を迅速におこなえます。
    (全国電話帳データベースは、新規のお客様用に、すでにシステムに入っています)
    ※取り込む前に「NISA Valu∞」で既存顧客情報のクレンジングをおこなうことをお奨めします。

  • 電話での問い合わせに … 着信時にお客様情報を表示、ワンタッチで登録。

    NISAの資料請求・申込書の送付依頼など、電話でお問い合わせがあると着信と同時にお客様情報をパソコン画面にポップアップ表示します。新規・既存の区別や、これまでの契約状況を確認しながら電話対応ができます。着信が新規のお客様の場合でも、電話帳データベースを瞬時に検索し電話番号や名称、住所を画面に表示することが可能です。登録情報はCSV形式のテキストデータに出力して他の業務に活用できます。
    (『NISA顧客キャッチャー』の運用には、NTTのナンバーディスプレイ契約が必要です)

  • NISA口座開設の住民票の確認に … 住民票取得方法をチェック、取得手配。

    口座開設に必要な住民票は、お客様自身で取得、金融機関で取得代行、取得代行業者に委託、のいずれかの方法でおこないます。受け付けたお客様ごとに取得方法のフラグを付け、日付等で抽出して取得代行の手配などを正確に効率よく進めることができます。

  • NISA口座開設の税務署申請に … 申請業務を迅速に処理。

    税務署申請書類「非課税適用申請書」の作成を迅速におこないます。口座受け付け情報をまとめてCSVデータに出力し、国税電子申告・納税システム(e-Tax)申請用のデータ(1回の送信につき5,000件まで)を素早く作成できます。
    ※e-Tax申請用のデータを作成する前に、国税庁から示されている「レコードの内容及び記録要領」の記録に当たっての留意事項へ対応するために、「NISA Valu∞」でデータのクレンジングをおこなえば、申請不可となるデータの発生を予防できます

誰からの電話なのか、瞬時にわかります

初めての相手でも情報が出る!

電話着信時、発信元の電話番号情報がパソコンに送られます。すると、『顧客キャッチャー』がデータベースを検索し、パソコン画面に発信元の情報(電話番号、名称、住所等)がポップアップ表示されます。
全国の公開されている最新個人・法人電話帳を搭載しているため、初めての相手でも情報が表示されます。

着信照会画面

着信照会画面

着信と同時に表示

電話の着信時に着信照会画面をポップアップ表示し、顧客情報を確認してから電話対応することが可能です。

名簿で設定した個別のメッセージ(例 重要、顧客ランク、取引先等を自由に設定)を着信時に表示できます。顧客登録されていない相手からの着信は『新規』と表示されます。

外部ファイル(申込書や案内状など)を最大10件、名簿に登録できます。顧客情報に関連ファイルを登録しておくだけで、ボタンクリックでファイルを開けます。

着信対応履歴一覧画面

着信対応履歴一覧画面

着信の履歴

電話着信の履歴や電話対応の状況を一覧で表示。一日の着信状況がいつでも確認でき、着信対応履歴の詳細を照会できます。
履歴は曜日ごとに管理できます。一覧表印刷やデータのCSV出力ができます。

Page Top