トップ > ビジネスソリューション > Valu∞

最新の導入事例

  • 医療法人社団 せいおう会 鶯谷健診センター様 事例
  • 医療法人社団さわやか済世 葛飾健診センター様 事例

医療法人社団 せいおう会 鶯谷健診センター様

クリーンなデータで新システムをスタート

 鶯谷健診センター様(以下、センター)は、旧社会保険庁の機関から平成21年に独立・民営化した医療機関です。
 健診者や事業所・健康保険組合の情報を管理するセンターの基幹システムは、民営化以前からのもの。そのため「古い」「使い勝手が悪い」などの問題を抱え、近々、新システムへのリプレースが決定していました。
 展示会へ足を運ぶなど情報収集を進める中、システム部門では、新システムに受け継ぐマスターデータの“品質”の重要性に着目。「古い住所や表記の乱れが目立つデータをきれいに整備した上で、新システムに搭載したい」とのご相談をいただきました。

古い基幹システムで長年運用されてきたマスターデータの状態は…

鶯谷健診センター外観

 「住所が古くなっていたり、表記規則がバラバラだったりと、不備なデータが増えていました。入力を補助する辞書機能はなく、機能の追加もできない状態でした。入力ルールはありましたが、新しいスタッフが入ってきた時にしっかり引き継ぎされなかったことも原因の一つです」と、担当者は現状を説明します。
 「その時点で事業所だけでも約19万件のデータがあり、再検査のご案内などのダイレクトメールを送っていたが、住所・名称の変更など何らかの理由で戻ってくる郵便物が非常に多かった」。重複送付を減らすために、独自の名寄せも試みましたが、元となるデータに表記の乱れがありすぎて難しかったのが実情でした。

最適化されたデータを入れてこそ活きる新基幹システム

 「器が良くなっても中に入れるデータに不備があっては、集計や分析ができない。事業所ごとの集計など本来やりたかったことをできるようにしたい」——センターでは新システム運用後の“データ活用”も視野に入れて動いている最中であり、データクリーニング・名寄せの必要性を痛感すると同時に、新しい基幹システムの構築に動き出した今が、まさに絶好のタイミングでした。

約36万件をクレンジング・名寄せ

Valu∞(バリュー インフィニティ)コンポーネント&フロー

 新しい基幹システムの本格稼働を翌年に控えた7月、いよいよクレンジング・名寄せが実施されることに。対象となるデータは健診者や事業所・健康保険組合から約36万件です。
 「大字・小字の表記は省略する」「住所の分割は1行18文字まで」「省略しない法人格で統一」「姓名分割を可能な範囲で行う」「カナ名称を半角統一する」などの細かいルールを決め、さらに名寄せ項目と条件も決めました。
 データの受渡しは、セキュリティを考慮し、当初は現地作業も検討しましたが、最終的にはセンター指定のファイル転送サービスを使い、当社内で作業することになりました。
 データを預かり3日間でValu∞処理を完了。その結果、住所・名称の全角統一や住所の訂正、旧住所の新住所への変換、空白ルールの統一、姓名分割、郵便番号の補完など数多くのデータが正規化・最新化され、データクレンジング・名寄せに成功しました。

本格的なデータマネジメントの始まり

 センターでは現在、新基幹システムが本格的に稼働を始め、クレンジング・名寄せしたデータが運用され始めています。
 担当者によると「データに関して現場からのクレームもなく、順調に動いています」とのこと。今回の処理結果に対しては満足をいただけたようです。
 同時に「住所の区切りは仕様通りで問題ないが、区切られなかったデータがあったので今後もっと精度を高めてほしい」など、さらなる品質向上に向けてのご要望も承りました。
 「新しい基幹システムでは、入力ルールを徹底させ、入力の時点でのデータ品質維持に努めます」と責任者は意気込みを示します。新システムスタートを機にデータベースマネジメントに意識的に取り組むとともに、事業所データの集計や分析などデータ活用にも 乗り出す構えとのことです。

実データを使ってのテストクレンジングや訪問デモも承ります。お気軽にお問い合わせください。

医療法人社団さわやか済世 葛飾健診センター様

CTIシステム導入検討を機に顧客データをクリーンに

 葛飾健診センター様(以下、センター)は、旧社会保険庁の機関から平成21年に民営化した医療機関です。
当センターを母体に2つのサテライト拠点(健診プラザ日本橋、健診プラザ両国)、バスによる巡回健診も併せ、年間約13万人が受診しています。
センターでは、2年前に旧基幹システムを現在の健診支援システムへとリプレースし、顧客データや健診結果データなどを一元化しました。これにより上記3センターのどこを受診しても、過去の健診・受診履歴を利用できる体制が整いました。
ところが、旧システムから新システムへのリプレースの際に顧客情報の正確性を検証しないままデータ移行したことにより問題が発生。顧客情報の正確性や品質を高めることが課題として浮上しました。

既存の利用者なのに予約時にヒットしない。その原因は…

葛飾健診センター外観

 「健診の受け付けはほとんどが電話予約です。この時ご本人様の情報からシステムに既に登録があるかどうかを検索して、見つからない場合は新規登録というプロセスですが、登録情報が古く正確でないため既存データと認識できず、重複登録になるケースが多発していました。
その場合、予約時に過去の受診履歴が途切れてしまう現象が、かなりの頻度でありました」と、システム責任者はセンターが抱えていた問題点を分析します。

CTIシステム導入検討を機にデータクレンジング・名寄せを決断

 電話装置の入れ替えが、『Valu∞』導入のきっかけとなりました。「この機に何か業務改善ができないか検討した結果、現場サイドからの要望も厚いCTIシステムを導入して健診支援システムと連携させようと計画しました。
CTIは電話番号から既存の利用者情報を自動的にポップアップさせる仕組みなので、電話番号の登録情報が正確でないとうまく動かないし、名前・住所などの情報も最新でないと支障をきたすだろう、と予測できました。
そこで、かねてより日本ソフト販売さんから提案を受けていたデータクレンジング・名寄せをお願いすることになったというわけです」。

クレンジング・名寄せの対象データは約24万件

顧客データの補完・分割・名寄せ処理

 電話機入れ替えを前にした2月、3日間の予定でクレンジング・名寄せを実施することに。対象データは、個人・団体(健保・事業所)合わせ約24万件で、保有データ全体のおよそ半分にあたります。
「住所を2項目にする」「電話番号を補完する」「カナ姓名を分割する」などクレンジングの詳細なルールを設定し、名寄せの項目や条件も決めました。
スケジュールは、業務を終えた金曜夕方にデータを抽出して日本ソフト販売にWebサーバ経由で送付し、土曜日にクレンジング・名寄せ処理を実行、日曜日朝にセンターへWebファイル便で処理結果を返送する―という流れです。

「金曜夜〜日曜日で完了」のスピードに驚嘆

 非常に短いスケジュールに「できるのか?」と疑問もよぎったとのことですが、クレンジングを含めシステムへの取り込みと更新作業に日曜1日をかけることができ、月曜日の通常業務開始に間に合いました。
また「更新作業中にトラブルが発生した時も、休日中にもかかわらず素早い対応で助かりました」と、臨機応変の対応にも評価をいただきました。

クリーンデータでシステム間の連携もスムーズに

各種システムの連携

 データクレンジング・名寄せから数カ月、クリーンなデータはセンターの業務にどんな変化をもたらしたのでしょうか。
システム担当者によると、それはセンターの複数システム間における連携の面で現れているといいます。「基幹システムである『健診支援システム』と『健診データ収集システム』の連携において、全角のカナ氏名があるとエラーになってしまうのですが、クレンジングを実施したことで、そうしたエラーが現場サイドから報告されなくなりました」。日々の運用で最も効果を実感するシーンです。センターが計画しているCTIシステムとの連携は今のところ実現していないものの、連携するシステムが増えるほど、データの正確さや表記統一の必要性はより一層高まります。

定期的なクレンジング・名寄せが必要

 もっとも、今回の対象データは「過去5年間に動きのあったアクティブなデータ」であり、保有データの全てではありません。最新化されていないデータを扱う場面も当然出てきますし、日々新しい登録も増え続けています。このためセンターでは「今後も定期的にデータクレンジングと名寄せを実施していく必要がある」とお考えです。
また、今回の問題点としてシステム担当者からご指摘があったのは、外国人の氏名が適切な場所で区切られなかったことです。姓と名の判別が正確にできないため、正しい位置に空白が入っていないデータが発生してしまった、というわけです。外国人労働者の数は近年かなりのペースで増えており、今後も増加が見込まれます。外国人名への対応は、当社にとっても今後の宿題として解決策を探る必要がありそうです。

実データを使ってのテストクレンジングや訪問デモも承ります。お気軽にお問い合わせください。

Page Top