トップ > サポート・お問い合わせ > ダウンロード > 住所楽変換


住所楽変換 バージョン別一覧

トップへ

住所楽変換

ソフトウェア概要

アップデート:2007.03.30

名称

住所楽変換 変換ファイル アップデートプログラム


概要

住所楽変換をVer.1.1.5に更新します。


対象製品

住所楽変換


注意 / 制限事項

特になし


主な変更点

AdCvEasy.exe (Ver.1.1.5)

  • Windows Vista上で動作するようにした。
トップへ

アップデート / インストールについて

ダウンロードファイルは自己解凍形式になっています。住所楽変換をインストールしたディレクトリに、ダウンロードしたファイル(upd115.exe)をコピーしてください。(通常はC:¥Program Files¥AdCvEasy)
住所楽変換が起動されていないことを確認してから、コピーしたファイルをダブルクリックしてください。解凍先を聞いてきますが、何も変更せずに【OK】ボタンを押してください。
これでアップデートが完了します。

※アップデートを行う場合は、必ず住所楽変換が起動されていないことを確認してから行ってください。
住所楽変換が起動していると、アップデートが失敗します。

トップへ

ダウンロードファイル

アップデートプログラム(upd115.exe … 258KB) ダウンロード

※本サーバーからダウンロード用に提供されるあらゆるソフトウェアを、無断で複製または再頒布することを禁じます。

トップへ

更新履歴

Ver.1.1.4 までの修正分

  • 元ファイルの項目が「"」で括られているデータを変換した場合に出力されたファイルから「"」が除去されてしまっていた。
  • 郵便番号項目を割り当てていない場合はオプション画面を表示しないようにした。
  • 住所変換で住所を複数割り当てるのと、最初の変換結果が他の割り当て住所の内容を上書きしてしまうことがあった。
  • 入力データの住所文字数が92文字を超える場合にエラーが発生していた。
  • 2005年4月版以降の変換結果に「住所不備」を追加基本的に変換失敗扱いで、住所変換をする際に必要とされる住所情報が足りない場合などにこの状態になる。
  • CSV区切りかタブ区切りのファイルを変換した場合に、1つの項目に都道府県~残り住所までの全てを割り当てると、住所項目とその次の項目とが連結されて出力されてしまっていた。
  • 細部修正。
トップへ

Page Top