トップ > サポート・お問い合わせ > ニュースリリース > 発信写録 Ver.19


関係者各位

2015年11月吉日

日本ソフト販売株式会社
本社:東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-8
代表取締役:中川 基
資本金:5,100万円

発信写録 Ver.19

販売目標・価格

日本ソフト販売はナンバーディスプレイ機能に対応したCTIソフト「発信写録 Ver.19」を12月11日(金)から、全国一斉に発売いたします。価格は、本体価格18,800円 + 税 です。1年間で合計1万本の販売を目指しています。


名称 価格 提供媒体 発売日
発信写録 Ver.19
JAN:4511014-019897
本体価格 18,800円
+ 税
CD-ROM 1枚 12月11日(金)

備考

  • 対応機器
    • ナンバーディスプレイアダプター(アナログ回線)
    • ターミナルアダプター(デジタル回線)
    • 光回線対応機器
  • 各対応機器が動作する電話回線
  • ナンバーディスプレイサービスの契約(月々一定の課金あり)
  • パソコンと対応機器を接続するために、対応機器に応じたケーブル(RS-232Cケーブル、USBケーブル、LANケーブル)が必要
トップへ

画像

パッケージ 画面
パッケージ
611×800 (136KB)
画面キャプチャ
520×685 (81KB)
トップへ

商品概要

電話着信と同時に、お客様情報を確認

『発信写録Ver.19』には、公開されている全国の電話帳データ約2,121万件が暗号化収録されています(※1)。電話が鳴ると同時に発信元の電話番号がパソコンに送られ、『発信写録Ver.19」のデータベースを検索します。着信した番号が検索にヒットすると、画面に電話番号、住所、名称をポップアップ表示します。検索にヒットしない場合(電話帳に掲載がない番号)でも電話番号が表示されるので、そこからおおまかな発信地域を特定できます。
個々の着信履歴に電話対応の内容やお客様情報を新たに加えてデータベースに登録すると、次回着信時にはその内容を確認してから対応できます。地図ソフト(※2)、または地図表示サービスと連携すれば、照会画面から地図を表示することができます。
SOHOや個人事業など小規模のビジネスにも最適。ホテルや病院の受付、配達サービス、受注・配送センター、訪問サービスなど、いろいろな分野で大活躍するCTIソフトです。
Ver.19では収録の電話帳データを最新版に更新し、新機能を追加しました。

※1東日本大震災の影響により、本製品の収録情報が実際の状況と異なっている場合があります。
※2地図ソフトは別売りです。

トップへ

機能・特長

Ver.19 新機能

  • 伝言メモ印刷機能を追加しました(ブラザー工業株式会社製の感熱ラベルプリンター QL-700で利用できます)。
  • 【アイコム】SR-60VN、【NTT】PR-500KI、PR-500MI、RT-500KI、RT-500MIが対応機器に追加されました。
  • 最新版電話帳データベースを収録しました(2015年7月発刊データ)。
  • 市区町村統廃合で変更された住所・郵便番号の一括変換機能を更新しました。(1996年4月~2015年10月までの市区町村統廃合に対応)
  • 電子電話帳との連携機能を拡充しました。
    電子電話帳シリーズの新バージョン「電子電話帳2016 Ver.21」「電子電話帳2016 Ver.21業種版」、および「電子電話帳2015 Ver.20業種版Special」との連携が可能になりました。 ※2016 Ver.21は近日発売予定
  • 「スーパーマップル・デジタル16」が、連携地図に加わりました。

特長

  • 初めてかかってきた電話番号の場合は、CD-ROM内の電話帳データベースを検索し、住所・名称を瞬時に表示します。すでに名簿に登録されている場合はその情報を優先的に表示します。携帯電話からの着信も、相手が電話番号を通知していれば表示できます。
  • 着信履歴には着信日時はもちろんのこと、相手の住所・名称のほか、電話内容、メモ、電話を受けた担当者の名前等を残すことができます。着信履歴をテキストファイルに出力し表計算ソフトに取り込めば、電話内容の集計・分析などにも利用できます。
  • 名簿に登録した情報ごとに外部リンク(見積書、契約書、画像などの外部ファイルやURL)を登録しておくと、次回その情報を着信時した際にも、着信照会画面から1クリックで関連ファイルを開くことができます。
  • 地図ソフトとの連携により、着信した相手の住所の詳細地図が表示できます。
    連携ソフト: スーパーマップル・デジタル1~16(株式会社昭文社)、MapFan.net(インクリメントP株式会社)、いつもNAVI(株式会社ゼンリンデータコム)、グランマップ東京都全域版 Ver.2.22以降(株式会社マップネット)、Googleマップ(Google Inc.)、プロアトラスSV7/SV6/SV5(株式会社筆まめ)
  • 夜中にパソコンの電源を切っていても、対応機器のメモリに記録された着信履歴を「発信写録Ver.19」に取り込むことができます。
    ※対応機器が着信履歴取込機能に対応している必要があります。
  • 登録データをCSV出力する際、ファイルを暗号化できます。また、起動時パスワードを設定できます。
    ※暗号化・パスワードの設定は任意です。
  • 電子電話帳と連携して使用できます。連携機能をオンにすると、電話着信時に電子電話帳のアドレス帳情報を検索して着信画面をポップアップ表示します。
    ・連携可能な電子電話帳:
    2013 Ver.18~2016 Ver.21 全国版・地域版、業種版
    2013 Ver.18〜2015 Ver.20 業種版Special(すべて別売り、2016 Ver.21は近日発売予定)
  • 発信写録Ver.19の登録名簿の情報を電子電話帳へコンバートできます。
    ・対象電子電話帳:
    2013 Ver.18~2016 Ver.21 全国版・地域版、業種版
    2013 Ver.18〜2015 Ver.20 業種版Special(すべて別売り、2016 Ver.21は近日発売予定)
トップへ

動作環境

OS Windows 10/8/7/Vista(管理者権限が必要)
※64bit版では、32bit互換モード(WOW64)で動作
デバイス Windows対応のマウス、その他ポインティング・デバイス
CD-ROMドライブ 12倍速以上を推奨(検索時にCD-ROMが必要)
メモリ Windows 10/8/7:1GB以上(64bit版は2GB以上)
Windows Vista:1GB以上(Vista Home Basicは512MB以上)
ハードディスク 140MB以上の空き領域(データをファイル出力する場合はその分空き領域が必要)
画面解像度 1024×768以上
表示色 High Color以上
その他 対応機器に応じて、ケーブル接続用のポート(COMポート、USBポート、LANポート)が必要
プログラムのアップデートをご利用の場合、または「お知らせ」ウィンドウを表示する場合は、インターネットへの接続環境が必要
操作ガイド・インストールガイドをご覧になる場合、Adobe Reader9以降のインストールが必要
Windows 8.1/8 では、デスクトップ上で動作します

必要な機器等

  • ナンバーディスプレイアダプター、ターミナルアダプター、光回線対応機器のいずれかが必要です。
    下記の対応機器一覧を参照ください。
  • 各対応機器が動作する電話回線
    ※電話回線の種類や環境によっては、動作保証外となる場合がありますので、ホームページにてご確認ください。
  • ナンバーディスプレイサービスの契約(月々一定の課金あり)
  • パソコンと対応機器を接続するために、対応機器に応じたケーブル(RS-232Cケーブル、USBケーブル、LANケーブル)が必要です。

対応機器一覧
アナログ回線

[NTT]
ナンバーディスプレイアダプタ20、ナンバーディスプレイアダプタ30

[I-ODATA]
NDA-P1

[日興電機製作所]
アロハPC1、アロハUSB、アロハND4、アロハND5

[エフシステムズ]
FS-A01、FS-A02

[IT住宅研究所]
USBCID3-JP

[アイコム(回線拡張用ゲートウェイ)]
VE-AG1

※アナログ回線対応機器は、ナンバーディスプレイ対応のアナログポート出力がある機器に接続してご利用できる場合があります。

INS64回線

[NEC]
Aterm IT40/D、Aterm IT60L/D、Aterm IT60/D、Aterm IT75、Aterm IT75/D、Aterm ITX70/D、Aterm ITX80、Aterm ITX80/D、Aterm ITX92BT、Aterm ITX72、Aterm ITX62、Aterm IT31L、Aterm IT21L、Aterm IT42

[NTT]
INSメイトV-8DSU、INSメイトD-4、INSメイトV-30DSU、INSメイトV-70DSU、INSメイトV30Tower、INSメイトV70MAX、INSメイトV30Slim、INSメイトV70G-MAX

[アレクソン]
ALEX-TD503α、ALEX-TD603、ALEX-TD601、ALEX-TD451、ALEX-TD101、ALEX-TD121、ALEX-TD780、ALEX-TD680、ALEX-TD580、ALEX-TD480、ALEX-TDC200

[NTT ME]
MN128-V3、MN128-SOHO、MN128-SOHO-SL10、MN128-SOHO-SL11、MN128-SOHO-Slotin、MN128-mini、MN128-mini-V、MN128-mini-S、MN128-mini-J、MN128-mini-SV1、MN128-PAL、MN128-PAL B&I、MN128PAL-FR

[アイコム(回線拡張用ゲートウェイ)]
VE-IG1

光回線

[NTT](ひかり電話対応機器)
PR-S300NE・PR-S300SE・PR-S300HI、RV-S340NE・RV-S340SE・RV-S340HI、RT-S300NE・RT-S300SE・RT-S300HI、PR-400NE・PR-400KI・PR-400MI、RT-400NE・RT-400KI・RT-400MI、RV-440NE・RV-440KI・RV-440MI、PR-500KI・PR-500MI、RT-500KI・RT-500MI

[アイコム](IP電話ルータ)
AP-5100VoIP、SR-53V、SR-60V、SR-60VN、VR-6030、VR-7000

※それぞれの機器が対応している光電話サービスでのみ利用可能です。
※光回線をご利用の場合は、一定の条件下において発信写録の利用が可能です。詳しくは製品ページをご覧ください。
※既に販売を終了している機種もあります。

トップへ

お問い合わせ

ニュースリリースについて

日本ソフト販売株式会社
担当:広報部 細井

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-8
水天宮平和ビル7階
TEL:03-3668-8781(代)
FAX:03-3668-5914

製品について

日本ソフト販売株式会社
カスタマサポートセンター

〒430-7721
静岡県浜松市中区板屋町111-2
浜松アクトタワー21階
TEL:053-452-0609(代)
FAX:053-452-1701
電子メール:info@nipponsoft.co.jp

トップへ

Page Top