トップ > ビジネスソリューション > Bellemax® > Bellemax®導入事例

検索イメージ

入力の負荷を軽減して、活用されるシステムに!

課題
  • 多くのお客様から要望されている、入力補助機能が提供できていない(主に 郵便番号から住所の入力を補完するような機能)
決め手
  • 住所の入力支援ツールが複数提供できるようになる
  • データのメンテナンスが定期的、継続的、正確におこなわれている
導入効果
  • 「住所の入力が楽になった」「住所表記が統一されてきた」「エリアマーケティングに使いやすくなった」と、お客様(システム利用者)に喜ばれた
  • システムへのアクセス頻度が向上した
  • 既存のお客様から新規のお客様を紹介していただけた

機能の提供はできるけれど、データのメンテナンス継続が難しかった

多くのお客様からご要望いただいている入力補助機能について、幾度となく社内で機能の提供方法について話し合いましたが、 入力元となるデータのメンテナンス(精度や鮮度の維持)に割ける人員の余裕がなく、 継続的にメンテナンスしたデータを提供できる見通しが立たなかったためリリースを断念していました。
これらの課題を相談していた同業の方から、Bellemax®を紹介され、課題解決の糸口が見えたため、導入することに決めました。

郵便番号からだけじゃない入力補助機能

自動入力

もともと、住所の入力時に一般的に見受けられる[郵便番号から住所を入力する]機能の追加のみを考えていましたが、Bellemax®本来の[電話番号から住所や氏名を入力する]機能も同時に追加することにしました。
SFAシステムへ登録されているデータには、ほとんど電話番号が入力されています。おかげで郵便番号だけでは特定できない地域の住所でも、電話番号を入力すると住所や会社名も入力できる機能の追加は、お客様にかなり好評で、入力負荷軽減につながっているようです。

入力内容のチェック機能も追加

住所の入力補助機能を使って、正規化された住所が登録できるようになったとしても、入力補助機能を使わずに入力した場合は、誤った住所が入力されしまうかもしれません。 それでは後々使えないデータになってしまいます。
そこで、データの登録・更新前に住所の内容チェック機能を付けて、誤った住所が入力されないように対策を打ちました。
また、どちらを入力すれば良いか迷うような住所(千駄ヶ谷 または 千駄ケ谷 など)も、統一ルールを決めて、正規化された住所が登録できるようにしました。
住所が正規化されたことでエリアの絞り込みが正確にできるようになり、エリア分析の精度が上がったと、お客様に好評をいただきました。

ユーザー

情報の登録が簡単にできるようになり、入力負荷から解放されたようで、お客様にとっては活用しやすいシステムになり、今までは本社だけの暫定運用だったけれど、全社的に使っていただけるようになったお客様も出てきました。
「こんな使い方はできないのか」との機能追加の要望のお声も聞けるようになってきました。
入力支援ツールとして購入したつもりでしたが、内部的なチェックやエリアマーケティングの分類としても使える[システム+データ]で、機能の実装方法も驚くほど簡単でした。
データのメンテナンスをアウトソースすることで、メンテナンスにかかる時間を自社のシステム開発に安心して注力するこができています。

Page Top