証券会社様の事例

公開電話帳情報を、
テレコールリストとして利用する。

個人向けでも法人対象でも、電話による営業は証券会社の基本であり中核です。
「全国e電話帳」をお使いいただいている証券各社でも、テレコール営業リストとしてのご利用が全体の9割を占めています。
テレコールを多く利用している企業にとって「リストをどうするか」は頭が痛いところ。通信教育大手企業から漏えいした情報が名簿として流通していた2014年の事件から、名簿利用に対する社会の目は一段と厳しくなっています。
その点「全国e電話帳」のお客様各社は、「出どころ不明な名簿を利用しないで電話帳を利用する」という姿勢が明確です。公開された情報をさまざまな角度から検索し、安心して営業リストにご活用いただいています。

「住所で探す」と「CSV出力」でローラー作戦。

ローラー営業

証券会社に共通してご利用頻度が高いのは、特定の地域をまとめて検索できる「住所で探す」や、検索した情報をCSVファイルに出力する機能です。
証券営業には、大きく分けて個人顧客を主な対象とする「リテール業務」と機関投資家や企業を対象とした「ホールセール業務」があります。「住所で探す」は、特にリテール分野の新規開拓に威力を発揮します。
「住所で探す」は、画面上のリストから「都道府県」「市区町村」「町・大字」の順に対象地域を選んで検索すると、該当する情報が一覧表示されます。一覧を見ながらそのままローラー営業をおこなうことができます。
一方、「一覧をCSVにダウンロードして使えるところがとても便利」という声も多く聞かれます。というのも、一般的な住所録ソフトはCSV入出力機能を搭載していることが多いため、お客様が日常使っているソフトに「全国e電話帳」で検索した情報を取り込んで活用することができるのです。中には「CSV出力してからの利用がほぼ100パーセント」と言い切る証券会社もあります。

富裕層のヒント…全国e電活用テクニック応用編。

「全国e電話帳」では、「住所で探す」のほか「個人名で探す」「法人名で探す」「電話番号で探す」などの検索方法がありますが、いずれも検索した情報から地図を表示できます。
証券営業では扱う商品の性質上従来から主に富裕層に狙いを定めてきました。しかし現在では高所得者の公開情報はなく、個人情報保護への社会の関心も高まっているため、こうした情報への直接的なアクセスは事実上困難な状況となっています。
ところが、ある大手証券会社では「富裕層のヒントを全国e電話帳から得ている」と打ち明けます。「高級住宅街といわれる地名で検索したり、検索した情報から地図を表示して辺り一帯で家形の大きい一戸建てを探したりします」というわけです。
また、「全国e電話帳」で地図を表示すると周辺一帯の住宅等に電話アイコンが表示され、アイコンをクリックするとそれぞれの詳細情報(名称・住所・電話番号等)が別画面で表示されます。
ある中堅証券会社ではこのアイコンを利用し「表示された詳細情報からそのままテレコールする」という使い方にもっぱら徹しているとのこと。営業対象エリアを地図で視覚的に把握しながら効率良くローラー営業をおこない、訪問営業への連係もスムーズに運びます。

富裕層にアプローチ

業種別アプローチ…コンサルティング営業にも対応。

「全国e電話帳」には、「業種で探す」という検索方法があります。業種分類から業種を選択し、さらに選んだ地域毎にリストを表示します。これは弊社が独自のジャンルで1000種類以上に分類した法人情報「グリーンページ」を検索する機能です。
ある証券会社では、金融や経営・商品知識はもちろん特定業種に精通した担当者を養成し、チームの方向性に沿った計画的なマーケティングを進めています。
「ターゲットの抽出やリスト作成は大事だがどちらかというと雑務。全国e電話帳は検索が速くて操作も簡単なので、余計なストレスを感じないのがいい」。手間ひまが掛かる営業も「業種で探す」が効率的にサポートしています。
昨今の証券業界では、資産運用提案やМ&A支援、相続税対策など、コンサルティング営業の重要性が増しています。法人や個人事業主、資産家を対象としたマーケティングも、対象の心を掴む緻密な戦略が必要となっています。
「全国e電話帳」は、こうした緻密なマーケティングについても、質・効率両面をアップさせることができるツールです。

業種別にアプローチ

まずは、お気軽にお問い合わせください

製品・サービスに関するお問い合わせ、ご相談、お見積もりはこちら

サポートセンター